2017年05月24日

ワンデーアキュビュー生産中止はそんなに遠くない??




ワンデーアキュビュー.jpg











ジョンソンエンドジョンソンの
1日使い捨てレンズ、
ワンデーアキュビュー
もうずいぶんとオールドモデルに
なってしまいました。








発売は1995年。
今から22年も前なのです。




1998年に
UVカット仕様にマイナーチェンジするも、
モノが変わったわけではなくて、
レンズとしては今まで通り。




そして2001年に
大きくモデルチェンジ。



ペラペラだったレンズを
しっかりとコシのある状態にして
無色透明からブルーカラーに
変更したのです。




現在あるワンデーアキュビューは
まさにこれ。



最終的なモデルチェンジから
16年が経過したのです。














【スポンサーリンク】


















この数年間では
ワンデーアキュビューよりも
ワンデーアキュビューモイストが
むしろベーシックなレンズとして
定着した感があります。




もしくは
シリコーンハイドロゲル素材で
高酸素透過性の
ワンデーアキュビュートゥルーアイや
ワンデーアキュビューオアシスの方で。




旧来のワンデーアキュビューの
ユーザー数は
地道に減少傾向なのです。




実は
ジョンソンエンドジョンソンも
ワンデーアキュビューについては
生産を終了したがっています。


あまり使われなくなってきたレンズを
残しておくことの採算性。




そして、
最近ではハイエンドなレンズを
ユーザーが好むことも多いので
そういったレンズのラインナップを並べて
見栄えをよくしたいという
目論見もあるのです。











【スポンサーリンク】















なんでも日本は
今もワンデーアキュビューを使っている
ユーザー数が多い国なんだとか。




最近、ジョンソンエンドジョンソンは
日本以外の国で余剰としてある
ワンデーアキュビューのストックをかき集めて
日本に供給しているということもあるそうで、
そこまでやるんだったら、
ホントに生産中止にしてしまった方が
もういいんじゃないかと・・・・





使い捨てレンズ黎明期の
90年代半ば頃は
ワンデーと言えば
ワンデーアキュビューしかない、
という時代が続きましたから
その頃からずっと
ワンデーアキュビューでやってます!
・・・というユーザーが多いのでしょうね・・・・



 
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 自主回収/欠品/製造中止情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする