2018年05月26日

はやり目が過去10年で最多の患者数!








緑内障 充血.jpg










はやり目が
流行しているそうです。








流行しやすいから
はやり目と
名づけられたんでしょうけれども、
それにしても
この十年で最多の患者数なんだとか。




その報道の全文を
転載させていただきます。





**********************



「はやり目」が流行、
強い感染力…まぶたに腫れ


5/23(水) 9:22配信






国立感染症研究所は22日、
5月7〜13日の1週間で、
流行性角結膜炎(はやり目)の患者数が
1医療機関当たり1・17人となったと発表した。
過去10年間で最多となる。



流行性角結膜炎は、アデノウイルスが原因。
感染力は強く、充血や目の痛み、
まぶたの腫れなどの症状が出る。


感染研によると、過去10年では、
2015年8月の1・15人が最多だったが、
今回、それを上回った。
都道府県別でみると、
宮崎県3・83人、新潟県3・5人、
神奈川県3・15人の順で多い。


感染研の藤本嗣人・
感染症疫学センター第四室長は
「こまめな手洗いや
タオルの共有を避けるなど予防が必要」
と話している。

**********************


















【スポンサーリンク】



















はやり目、というのは俗称で
正式な病名は
流行性角結膜炎と言います。




角、というのは角膜、
すなわち黒目のことです。


結、は白目のこと。
角膜と結膜に炎症が発生するので
2つを合わせて
角結膜炎、というのです。




それが感染しやすい、
伝染しやすいから
流行性、というのが付いてます。






このアデノウィルスってやつは
ものすごく強力な感染力を
持っています。






さすがに空気感染とかは
しませんけど、
とにかくうつりやすいんです。




眼科を受診したりすると
「あちらの椅子でお待ちください」
とか冷たく言われて
待合室の隅っこにある
パイプ椅子かなんかに
座らされたりします。



これはちょっとした
隔離ですよね。





なにしろはやり目の人が
触ったところを
健康な人が触っただけでも
もうすでにウイルスが
付着してしまうぐらいなんです。















【スポンサーリンク】













 









そんなワケで
感染した人が帰った後は
その人が座っていた椅子、
触ったドアノブ、壁、
支払いをしたお金に至るまで
すべて高度なアルコールで
消毒しなければなりません。



そこまでしないと
ウイルスが残ってしまって
本当に危険なのです。



そんな状況ですから
コンタクトレンズの取り扱いにも
注意が必要です。




テキトーな洗浄消毒、
時間や日数の管理
などなど
用法を逸脱した目は
ウイルスにやられやすいのです。


 
posted by フムフム君 at 00:00| 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする