2021年01月11日

コロナに感染した時のために、使えるメガネを用意しておきましょう





新型コロナウイルス コンタクトレンズ.jpg









これだけ感染者数が激増してくると、
どうして自分が感染しないのかが
不思議なくらいです。





しっかりとマスクをして、
きちんと手洗いもして、
その都度に消毒もして、密を避けて、
ソーシャル・ディスタンスを保って、
やるべきことはやっているのに
それでも感染してしまう、
という人が多いのです。






ならば、ひょっとしたら
明日には自分が感染したとしても
不思議じゃないような確率にまで
達しているということなのでしょう。








コンタクトレンズについても
現在の状況では
できるだけワンデーが望ましい、
と言われています。





理由はシンプル。
毎回新品なので感染のリスクが少ない。




さらには
不具合を感じた時には
すぐさま新品に交換できるため
感染のリクスが少ない。





1枚のレンズを
地道にケアして何日も使う、
というものは避けるべきだ、
ということです。








【スポンサーリンク】
















しかし、
本当に感染してしまったら、
コンタクトレンズを
中止することになります。









ウイルスが付着しやすい指先を使って
目の中、すなわち粘膜上に入れるものは
避けるべきである。





使い終わったレンズは
医療廃棄物として
慎重に処理されることになるので、
そこから派生する二次感染のリスクを
減らすべきである。



という考え方からです。










実際に、
一部の眼科や病院などでは
コロナ期に入ってからは、
コンタクトレンズの処方は
ワンデー以外しない、という施設も
少なくないのです。







と、なると
いきなりのメガネ生活になってしまいます。






明日から入院してください!
コンタクトは使わないで!
メガネを持ってきてください!

・・・・と言われて、
使えるメガネがないんじゃ困ります。






まさか、感染した状態で
メガネ屋さんに行くわけにもいかないし。





最低限の生活ができる程度の視力を
確保しておきましょう。







 【スポンサーリンク】








 
posted by フムフム君 at 00:00| 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする