2021年04月23日

デイリーズトータルワンとプレシジョンワンをつけ比べてみました!





生感覚レンズ デイリーズトータルワン.jpg









日本アルコンの新製品、
1日使い捨てコンタクトレンズの
プレシジョンワン。





アルコンはこのレンズを
デイリーズトータルワン
ペアとして考えています。







トータルワンは
シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性レンズ。







つけ心地や乾きに対する強さ、
酸素透過性の数値など
総合的に高く評価されている
最上級モデルです。





しかし、いかんせん、
コスト的にはそれなり。






遠近両用や乱視矯正用など
特殊なレンズは除いて、
シンプルな近視用レンズとしては
おそらくはもっとも高額なレンズの
ひとつなのでしょう。






トータルワンが
イイモノであることはわかってる、
だけどコスト的に手を出しにくい、
ということでは使ってもらえません。







そこでアルコンは
ちょっと格下げした似たようなレンズ、
プレシジョンワンを発売したわけです。










【スポンサーリンク】













どちらのレンズも素材は同じ
シリコーンハイドロゲルなのですが、
酸素透過性に大きな違いがあります。






トータルワンは<156>、
プレシジョンワンは<100>と
これ、ずいぶん落としましたね。
4割引!って感じですか。






これがきっと、製造するのに
コストを節約できる素材、
なのでしょうね。





その4割引はレンズのつけ心地に
大きな大きな影響を及ぼしています。







目に入れた瞬間、トータルワンは
レンズが本当に吐いているのか否か、
自分でもよくわからないぐらいに
軽いものでした。







しかしプレシジョンワンのそれは
明らかにレンズの存在感があるのです。






これはもう、かなり大きな
マイナス点なのでしょう。





コストを下げて
購入しやすい価格であるとはいえ、
気持ちがいいと感じられないものは
欲しくはありません。




トータルワンはトータルワンという
厳然とした価値観を持つレンズなのです。








【スポンサーリンク】










posted by フムフム君 at 00:00| シリコーンハイドロゲル素材のレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする