2018年06月24日

ニチコンEX-UVをアイミーが継承販売!





メニコンハードレンズ.jpg










2018年5月1日に
倒産してしまった
株式会社日本コンタクトレンズ、
通称ニチコン








正直言って、
コンタクトレンズとしては
あんまりメジャーなメーカーでは
ありませんでした。





そんなメーカー名を
聞いたのは初めてだ、
ニチコンなんて知らない、
というユーザーも
少なくはなかったかと思います。





メインの製品は
使い捨てではないレンズ。




従来型のソフトレンズと、
酸素透過性ハードレンズ。
そしてレンズケア。





現在では
縁が薄くなってしまったレンズを
中心に展開していたので、
レンズ名もほとんど
知られていないかもしれません。





しかしですね、
高酸素透過性ハードレンズの
ニチコンEX-UVというレンズを
株式会社アイミーが
継承して残していくというのです。






アイミーのレンズとして
今後も ニチコンEX-UVを
継続販売していく、
というのです。













【スポンサーリンク】


















アイミーはもともと
自社レンズの製造の多くを
ニチコンに下請けしてもらっていました。




アイミーのレンズは
ニチコンの工場で
造られていたのです。





ニチコンが倒産したことによって
アイミー製品の製造が
一時ストップしてしまったり、
今も再開できないでいたり、
モノによっては
製造中止にするものもあったり、
と、かなりの打撃を
受けてしまいました。






ニチコンEX-UVという
ハードレンズは
地方エリアのユーザーが
やたら多いんだとか。







そんな絡みもあって、
アイミーは EX-UVを
継承して販売していくことに
したらしいのです。






レンズ名は
アイミー EX-UV、
ではなくて、
ニチコンEX-UV、
とかそのまんま。





ニチコンの名前が
コンタクトレンズのセカイから
完全には消えないで
残っていくようです・・・・











【スポンサーリンク】








 
posted by フムフム君 at 00:00| ハードコンタクトレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする