2021年04月30日

手指の消毒はしっかり、でもレンズケアは手抜きってどういうこと?






オプティフリープラス 広瀬アリス.jpg







最近はみなさん、
さすがにしっかりと
手を洗ってますよね。






外出から帰ったあと、
電車に乗ったあと、
お金を触ったあと、
トイレに行ったあと、
最低でもこのへんは
絶対に洗わないとダメですね。






そしてそのあとで、
アルコール消毒。






あ、コンタクトレンズを
つけたり外したりする前の
アルコール消毒はお気をつけください。







アルコールで濡れているうちにとか、
アルコールが残っているうちに
その手でレンズを触ると
アルコールの成分が
レンズについてしまいますから。











【スポンサーリンク】















せっかく
こういう習慣がついたのですから
いつの日か、
コロナが過ぎ去ったあとでも
コンタクトレンズを扱う前には
しっかりと手洗い、というのは
続けていただきたいものです。








しかし!
手指はしっかり清潔にしているのに、
2ウィークやマンスリーレンズなどの
レンズケアをこの期に及んで
手抜きでやってるユーザーがいると言うから
困ったもんだ!







エーオーセプトクリアケアとか
ケムセプトとか、
コンセプトワンステップなんかは
レンズを入れておけば
洗浄、消毒、中和、保存まで
自動的にやってくれるんで
こういうのを使ってるユーザーは問題なし。






ところが美人の指先と手のひらで
レンズをこすり洗いするタイプの
レニューとかオプティフリーのユーザーは
こする回数が少なかったり
面倒だとこすらなかったり。





このタイプのケアは
レンズをこすることによって
初めて汚れが落とせる、
という自力型ですから
しっかりやらないと
汚れやウイルスは付着したまま。







それじゃ、手指をキレイにしたって、
元も子もありませんって!









【スポンサーリンク】








 
posted by フムフム君 at 00:00| レンズケア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする