2017年07月23日

ミッシュブルーミンは輪郭がはみ出しがち??





ミッシュブルーミン カラコン.jpg








シンシアの
カラー&サークルレンズ、
ミッシュブルーミン
キャッチコピーはこんな感じです







盛りすぎず、
派手すぎない。







大きさを追求しているカラコンは
かなりの数があります。



初期の頃はみなさん、
控えめだったんですけどね、
大きくすることに
すっかり慣れてしまって、
今ではとにかく大きいものを!!
・・・・というユーザーも
少なくはありません。



ただねぇ、
あまりにも大きいとねぇ・・・・



男性のの立場から
言わせていただきますと、
大きすぎるのは
正直コワイ!!




パッと見で、
大きくは見えるかもしれないけれども、
これって、
レンズ入れてるのかな??
どうなのかな??
・・・・ぐらいが
ちょうどいいんじゃないでしょうか。








【スポンサードリンク】












ミッシュブルーミンは
キャッチフレーズどおり、
大きいばかりのカラコンに
もういい加減うんざりしてきた
ユーザーを狙った製品です。



あるいは20代後半以降の
ある程度はオトナ路線の
ユーザー向きサイズなのです。




カラーが付いている部分の外径が
<13.2ミリ>という数値で、
これはこの手のレンズとしては
かなり小さい方です。




だから、
大きさだけがアピールされた
コワイ瞳にならずに済むのです。





しかしこのレンズ、
デザイン的にちょっとした問題が
ありそうなのです。





それは・・・・




輪郭部分のラインが
はみ出しちゃう人もいるかも??




・・・・ということ。









【スポンサードリンク】













ミッシュブルーミンは
輪郭部分のラインが
細めの線状に描かれています。



そこが白目にはみ出してしまうと、
人から見て
「あ、レンズのラインが見える!」
・・・ということになりがち。



こういうレンズは
もともと瞳の直径が
小さめの人が使いたいレンズです。


小さい人ほど
はみ出しやすい傾向があるのも
ちょっと困ったもんです。



レンズそのもののサイズも
<14.0ミリ>
ファッション系のレンズの中では
かなりの小さめ。



確かに小さい方が
盛った感がないのですが、
本当はサイズが大きい方が
フィットとしては安定するのです。




このへんのバランスが
難しいところです・・・・




 
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | カラコン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする