2020年11月13日

マイデイトーリックはフィットがピタリ!





マイデイトーリック.jpg










乱視矯正用のレンズには
レンズにシルシがついています。






そのシルシを見て、
目の中に入れる時の
方向を決めるのです。





乱視矯正用レンズには
裏表の区別はもちろん、
「正しい向き」を判断してから目に入れる、
というものなのです。






向きが正しくないときちんと見えません。
ブレる、ボケる、見えない、
という状態になってしまいます。




これはワンデーでも2ウィークでも、
メーカーを問わず、
共通した構造なのです。










【スポンサーリンク】



















しかし悲しいかな、
正しい向きに入れたとしても、
目の中での話ですからね、
目の動きや、
目の形状とレンズの形状の相性、
目の乾き方などによって
その正しい位置が
ズレてしまうことだってあるのです。








よって、
メーカーのテーマとしては
目の動きや乾きなどに影響されない
安定したフィットができる乱視用、
ということになります。








クーパービジョンの
乱視矯正用ワンデー、
マイデイトーリック
そのフィットの安定性に定評があります。







なかなかズレにくい。



ズレが生じても
すぐに定位置に戻る!



ズレたとしても
視力への影響が少ない!



・・・・などなど。







乱視用ワンデーでは数少ない
シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性レンズです。







瞳に多くの酸素を届けることによって
乾いたときに発生するズレを解消できた、
という点も大きな収穫なのです。










【スポンサーリンク】








 



posted by フムフム君 at 00:00| 乱視用レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする