2017年06月20日

海外で発売されてるバイオフィニティトーリックは驚異の乱視度数!





バイオフィニティトーリック 乱視用 クーパービジョン.gif













日本で発売されているレンズは
たいがいは海外の方が
先に発売されています。




しかし、
微妙に仕様が違ったり、
企画が違ったり、
製造範囲が違ったり、
ということもあるのです。




クーパービジョンの
乱視矯正用2ウィークレンズ、
バイオフィニティトーリック





このレンズの海外版は
ひとあじ違います!



乱視度数の製造範囲が
すさまじく幅広いのです。






日本で出ているレンズの
乱視度数は・・・・





<−0.75>



<−1.25>



<−1.75>



<−2.25>




この4種類です。






もっともよく使われているのは
<−0.75>と
<−1.25>の2種。




その次は<−1.75>ですけど、
弱い2種に比べれば
数は少なくなります。




<−2.25>というのは
けっこう強めの乱視なので
それほど多くはありません。




従って、
メーカーやレンズの種類によっては
この<−2.25>という
度数そのものを製造していない、
ということもあるのです。












【スポンサーリンク】















さて、海外版の
バイオフィニティトーリックの
乱視度数は・・・・





<−0.75>



<−1.25>



<−1.75>



<−2.25>



<−2.75>



<−3.25>



<−3.75>



<−4.25>



<−4.75>



<−5.25>



<−5.75>








・・・って、これ、
やり過ぎじゃろう!!




<−2.25>だって少ないっちゅうのに
その上の上の上の上の上の上の上までって、
必要あるんスかね???












【スポンサーリンク】














乱視には決まった角度、
というものがあります。





ただ単に度を入れるだけではなく、
その人なりの
決まったアングルで入れないと
きちんと見えませんよ、
という角度が決まっているのです。



だから、
度数と角度との組み合わせも様々。
きっとこのレンズは
受注生産なのかもしれませんね。




需要がまったくない、
ということはないと思います。
しかし、必要としている人は
かなりの少数でしょう。



そんな一握りのユーザーのために
クーパーはレンズを製造してるんですよ、
というアピールポイントにもなりそうです。


posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 乱視矯正用レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする