2018年02月14日

JINSワンデーはメイド・イン・台湾






JINSワンデー ジンズワンデー.png









2018年1月から
発売が開始された
メガネ店のJINSのコンタクトレンズ、
JINSワンデー









2017年の秋ぐらいから
JINS店頭にパンフレットや
ポスターが設置してあって、
しかも1箱=2000円+税、
ということで
期待が高まっていたのです。




でもですね、
ちょっと気になるのが
このレンズ、
いったいどんなレンズなんだろ??




ま、まさか、
JINSが自ら研究開発して
造り上げたオリジナル製品、
ではないでしょうね?



いやいや、
それはさすがに無理そうです。



コンタクトレンズを
1から創造するのは
実は途方もない時間と、
人知とお金がかかってしまうのです。





例えば現在、
世の中はシリコン素材のレンズが
主流になっていますが、
そうだからといって、
じゃぁ、シリコンの新製品を
あれこれ発売していきましょう!
・・・・というわけには
いかないのです。




コンタクトレンズメーカーだって、
それがかんたんにできずに
停滞した状態で甘んじていることが
あるぐらいですから。




そういう場合には
OEMという方法を
取っているのです。





OEMとは

original equipment manufacture




他社ブランドの製品を製造すること、
なのです。





いま現在も行われているOEMで
よく知られているのは
メニコンの1日使い捨てレンズ、
メニコンワンデー。



このレンズの正体は
クーパービジョンの
ワンデーアクエアです。
まったくの同じものです。



それにメニコンの
パッケージをかぶせて、
いかにもメニコンふうに
作られているのです。









【スポンサーリンク】













JINSワンデーは
台湾のペガビジョンという
コンタクトレンズメーカーに
OEMしてもらって
作ったのだそうです。




レンズのパッケージ内にある
レンズのスペックや
取扱説明が記載されている
「コンタクトレンズ添付書」には
以下のような文言が見えます。







******************

[選任製造販売業者]

Pegavision Japan株式会社

東京都千代田区外神田二丁目15番8号
永井第一ビル TEL:03-5207-2822

[外国特例承認取得者及び外国製造業者]

ペガビジョン コーポレーション
Pegavision Corporation 台湾

******************








やっぱり、
JINSと言えども
オリジナルレンズを
作ったわけではないのだ、
ということなのです。


 




【スポンサーリンク】









 
posted by フムフム君 at 00:00| ワンデー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする