2021年04月13日

シードS-1が製造中止に!





オルソケラトロジー 寝ている間に視力矯正 ハードコンタクトレンズ.jpg











シードの
高酸素透過性ハードコンタクトレンズ、
S−1(エスワン)
製造中止になるそうです。





2021年9月末をもって
製造販売を終了することが
決定しました。





今や世の中の大半は
使い捨てコンタクトレンズ。






つまりは、コンタクトと言えば
ワンデーか2ウィークを
使っているのが当たり前、
という世の中なのです。






ハードレンズユーザーもいますけれども、
ほとんどが40〜50歳以上の
オールドユーザーなのです。






つまり新規にハードを使ってみよう、
というケースはほとんどない状態。





これでは数多くあっても
あぶれてしまうレンズが大半で
製造中止もやむなしかな、と。











【スポンサーリンク】














S−1は
シードのオリジナルレンズなのですが
素材を外注したレンズだったのです。







提供元は東レ。
通称やわらかハードと呼ばれている
ブレスオーハードの素材を
東レは他メーカーに
提供し始めたのです。






それをそのまんま使って、
でもレンズデザインとかは
シードのオリジナルで。
あくまでも提供は素材だけ。





弾力のある素材は
装用感を軽くして、
レンズの破損なども軽減して
なかなかの評判だったのですが・・・・







【スポンサーリンク】









posted by フムフム君 at 00:00| 自主回収/欠品/製造中止情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする