2020年05月21日

バイオフィニティXRが製造範囲を拡大!





バイオフィニティXR クーパービジョン.png









クーパービジョンの
2週間交換レンズはバイオフィニティ






数年前までは
その他のモデルもありましたが、
古いものはすべて生産を中止して、
現在ではバイオフィニテイ・シリーズのみ。




シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性レンズなのです。





クーパービジョンは
2ウィークに関しては
ハイエンドなものしかないんだ!
という矜持を感じます。




そのバイオフィニティ・シリーズの中で
ちょっと不可解な存在なのが
バイオフィニティXR。




でも、
内容的にはシンプルなんです。





フツーの近視用・遠視用の
バイオフィニティと
まったく同じものなんです。






で、
かなり強度な近視の度数と、
かなり強度な遠視の度数のデータを
バイオフィニティXRと
呼んでいるだけなんです。











【スポンサーリンク】













じゃあ、その強度近視と
強度遠視野データだって
バイオフィニティXRとは呼ばずに、
バイオフィニティのままで
ええやん!



・・・・と言いたいところですが、
このレアなデータのレンズは
ちょっとコストがかかるらしくて、
価格的にもややアップ、ということで
線引きをしたかったみたいなんです。








強度近視の度数は
たいがいのメーカーのたいがいのレンズは
<−10.00>まで、とか、
あったとしても
<−12.00>まで、とかがほとんど。





バイオフィニティXRと称される度数は
近視の方は<-12.50>〜<-20.00>、
遠視の方は<+8.50>〜<+15.00>
という範囲。





すごいですね、これ。






【スポンサーリンク】







 
【レンズのスペック情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| レンズのスペック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする