2020年05月20日

コロナウイルスの影響で涙型の目薬が売れなくなった?





コンタクト用目薬 広瀬すず.jpg









新型コロナウイルスな生活になって、
3か月程度でしょうか。




マスクと手洗い、アルコール消毒、
人との距離、なんていうものが
意識をしなくても
自然に生活の一部として
自動的に体が動いてしまうまでに
慣れてきたような気もします。





そこで、
コンタクトレンズユーザーのみなさんに
ちょっとした変化が・・・・








それは・・・・




目の乾きが少なくなった!



涙型の点眼薬を使う回数が
明らかに減った!




と、感じている人が
多いらしいのです。












【スポンサーリンク】


















今までの日常よりも
目を使うことが少なくなった、
という人も多いでしょう。






今までの生活よりも
コンタクトレンズ自体を
使わないことが多くなった、
という人もすくなくないようです。







外出しないんだから、
テレワークなんだから、
家の中だけならメガネでいいじゃないか、
みたいな。







仕事量が減る、
コンタクトを入れない、
というだけでも
目の乾き方は
かなり軽減されるはずです。













【スポンサーリンク】













さらにはマスクの存在
大きいようなのです。





メガネのままマスクをすると、
自分の息が漏れて
レンズが曇ってきますよね。




そうなんです。
マスクは目の方向に向かって
湿気を吹きかけるような
構造になっているのです。





マスクを掛けると
自然と息が目の方向に流れるために
はからずも瞳にうるおいを供給できちゃう、
というわけなのです。





コンタクトの上からさせる目薬を
あまり使わなくなった、
そもそも、
乾き自体をあまり感じなくなった、
と実感しているユーザーは
多いようです。








【スポンサーリンク】






 




【ドライアイ・乾き関連情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| ドライアイ・乾き関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする