2019年12月10日

犬猫用のコンタクトレンズを作っているシード・・・・ウケねらいではありません





にゃんタクト 猫用コンタクトレンズ シード.jpg









えっ??

犬猫用のコンタクトレンズ??

まさか!





・・・・と思ってしまうのも
無理はありません。






でも本当に
製造販売されているのです。






発売しているのはシード。




東証一部上場の
きちんとした
コンタクトレンズメーカーです。





北川景子さんの
イメージキャラクターでおなじみの
ワンデーピュアうるおいプラスとか、
とってもよく使われています。





犬用コンタクトレンズ、
ネコ用コンタクトレンズを作って
ウケねらいというわけではないのです。









【スポンサーリンク】











そもそも、
コンタクトレンズ=
視力をよく見せるもの、
というイメージで考えると、
犬用コンタクト、
ネコ用コンタクトというのは
よけいにピンとこないでしょう。





犬や猫の視力を
どうやって測ればいいの??



コンタクトを犬やネコの目に
どうやって入れればいいの??



レンズを入れた結果、
よく見えますか? どうですか?
って、聞くのかなぁ??



・・・・みたいな。











【スポンサーリンク】















犬用コンタクトレンズの製品名は


「わんタクト」といいます。







猫用コンタクトレンズの製品名は・・・・
もうおわかりですよね、

「にゃんタクト」といいます。






酸素透過性があって、
UVカット仕様、
うるおい成分配合のワンデーなのです。






ふざけんな!
・・・と言いたいかもしれません。





しかし、
シードだって真剣なのです。






パッケージにはこんな一文が
記載されています。




「犬用バンテージコンタクトレンズ」

「猫用バンテージコンタクトレンズ」

「治療用コンタクトレンズ」








そう、
モノを見るためのコンタクトではなくて、
バンテージ=包帯としての
コンタクトなのです。





目の病気になった時に
目を保護するためとか、
薬を浸透させるために
フタをしておくためなのです。






【スポンサーリンク】







 
【コンタクトレンズメーカー情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| コンタクトレンズメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする