2019年10月05日

メニコンがイタリアのコンタクトレンズメーカーを買収!






Miru 1day UpSide ワンデーメニコンプレミオ.png













イタリアのコンタクトレンズメーカーを
100%株式買収して
完全子会化しましたよ、

という発表がメニコンの公式サイトで
アナウンスされました。









その全文を
そのまんま転載させていただきます。







************************

2019年10月
イタリア 
Soleko社の株式取得に関するお知らせ









株式会社メニコンは、2019年10月1日(火)に、
イタリアのコンタクトレンズ及びケア用品の
製造・販売会社であるSOLEKO S.p.A.を有する
FINEKOグループ
(SOLEKO S.p.A.本社:Via Ravano sce -Pontecorvo (FR)、
代表者:Guido Carnacina、従業員数:約85名)等の
株式を100%取得し、
完全子会社化しましたことをご案内いたします。



FINEKOグループの事業会社であるSOLEKO S.p.A.は、
1975年に設立され、イタリア市場を中心に
コンタクトレンズ及びコンタクトレンズケア用品の
製造販売を行っております。


活況を呈する欧州の使い捨てレンズ市場の中でも、
イタリア市場は、イギリスに続く
欧州第2位の使い捨てレンズ市場が形成されており、
中でも、1日使い捨てタイプを中心に
成長を続けております。


すでにメニコンは海外売上の60%を
欧州で占めるなど同域内で
安定した基盤を築いておりますが、
新たにイタリアという有力市場を加えることにより
さらに欧州での販売ネットワーク強化を図るものです。


また、SOLEKO S.p.A.は、
独自のコンタクトレンズケア用品の
開発・製造も行っており、
メニコングループの販売網を活用することで、
メニコングループ全体のケア用品ポートフォリオを
強化するという相乗効果も見込んでおります。


この度の株式取得により、
メニコンは欧州コンタクトレンズの主要市場に
現地販売子会社を保有したこととなり、
製品ラインアップの増強を図る使い捨てレンズ、
"Miruシリーズ(海外ブランド名)"を
より多くの方に提供させて頂く
インフラが整備されました。


今後もより多くの方に、
より良いコンタクトレンズライフを提供できるよう
グローバル展開を加速いたします。

************************

















【スポンサーリンク】
















このSOLEKO社っていうのは
ソルコ、って読むんですかね?
読み方ぐらい書いとけよ!
日本のみなさんは誰だって
イタリア語になじみがないんだからさっ!







とにかく、SOLEKO社。
その公式サイトを見てみますと
コンタクトレンズの取り扱いとしては
バラエティーに展開しています。






ワンデー、2ウィーク、
マンスリーレンズなどの
基本的な使い捨て。





さらにはカラーレンズ。
しかも瞳の色を変化させる、
よくあるデザインのものだけではなく、
猫目型とかセルリアンブルーとか、
そういうトンデモ系のカラーまでも。






さらには
オーソドックスな
酸素透過性ハードレンズ、
使い捨てではないソフトレンズ、
そして乱視矯正用ソフトレンズ、
レンズケアまで
ひと通りのラインナップを
揃えているようです。








ヨーロッパはもう
ハードとかソフトは絶滅してて
使い捨てオンリー、
というイメージだったんですが、
イタリアはそうではなかったんですね。













【スポンサーリンク】















現在でもいろんなアイテムを扱っている
コンタクトレンズメーカー、
らしいので
日本でいうと
シードみたいなスタンスですかね?






もちろんメニコンは
自社ブランドレンズを
イタリアでもガンガン売るための
窓口とするための買収なのでしょう。








Soleko社は1975年創業、
とありますから、
使い捨て以前の時代からあった、
それなりの歴史と品格があるのでしょうから
100%子会社化するのであれば
ある種の敬意をもってやっていただきたいな、
とメニコンに切望してしまいます。










【スポンサーリンク】








 

 
【コンタクトレンズメーカー情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| コンタクトレンズメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする