2019年06月18日

アイレ製品の大半はmade in 台湾






株式会社アイレ コンタクトレンズ.jpg







ややマイナーではありますが、
株式会社アイレ
かなり多くのレンズを発売しています。




路線としては
ノーマルなレンズと
カラー系のレンズ。




とはいっても、
メーカーのテイストとしては
主力製品はカラー系!
というイメージですね。





エアロフィットワンデー
プライムワンデー
ワンデーアイレアクアモイスト
ネオサイトワンデーアクアモイスト
・・・・という4タイプのワンデー。



そして
プライムワンデー
スマートフォーカスという
遠近両用ワンデー。




アイレ14
ネオサイト14UVという
2ウィークレンズ。



さらには
アイレ30というマンスリーレンズ。





これがカラー系ではない
クリアレンズのすべてです。









【スポンサーリンク】












カラー系、
リング系のレンズは多いのです。





ワンデーは・・・・

ワンデーアイレリアルUV
ワンデーアイレヴィフUV
ネオサイトワンデーリングUV
ネオサイトワンデーリングカラーズ
ネオサイトワンデー シエルUV
ネオサイトワンデーシエルデュウUV






2ウィークは・・・・

ネオサイト2ウィークシエルUV
2ウィークビューティー




さらには
ワンデーアイレリアルUVという
乱視矯正用サークルレンズ、
プライムワンデー
スマートフォーカスリングUVという
遠近両用サークルレンズまで
用意されているからびっくりです。




これ、名称を覚えるだけでも大変なのに
カラーの色がそれぞれに何色かあるんで
いや、なんか、アタマ痛いッス。










【スポンサーリンク】














製品の数がやたら多くて、
特にカラー系のレンズが多くて、
その中でも色の種類が
多くラインナップされていたりすると
なんかあれこれカラコンづくして
レンズの質は低いんじゃないかなぁ?
・・・・というイメージが
あるやもしれません。




しかしですね、
アイレの製品は
しっかりしてるんです。




酸素透過性が異常に低いとか、
あやしいアジア系の工場で
生産されている、とか、
色素がはみ出てきちゃった事例が
時々あります、とか、
そういうことはありません。





アイレのレンズの大半は
台湾のセントシャインという
コンタクトレンズメーカーが
製造しているのです。







【スポンサーリンク】







 





セントシャインは
台湾のコンタクトメーカーとしては
名門なんです。





シードの
ワンデーファイン・シリーズとか
シードのアイコフレワンデーUV、
プラスモードワンデー、
ヒロインメイクワンデーなど
シードのカラー系は
セントシャインにおまかせ状態!





アイレがほとんどの自社製品を
お願いしているということは
それだけアイレのブランドのすべてを
おまかせできる、
信頼してるんだ!
ということですから。



  
【コンタクトレンズメーカー情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| コンタクトレンズメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする