2019年05月18日

飲食関係の仕事をしてるとレンズが汚れやすい?








コンタクトレンズ 破損.jpg










仕事の内容によっては
コンタクトレンズに汚れが付きやすい、

ということがあるのです。





飲食関係の仕事
そのひとつ。









調理をする人は
湯気が顔にかかったり、
油分を含んだ煙で
顔をあおられたりすると
けっこう汚れちゃうんです。






油の成分は非常に強いので
手に付いたものを
一所懸命に洗っても
なかなか落ちないことが多いのです。







それに、
魚の匂いが付いた指先で
コンタクトレンズを触るのも
ちょっと引いちゃう・・・・













【スポンサーリンク】
















指先の荒れの問題もあります。
水仕事をしていると
指先が荒れやすくなって
トゲトゲした指でレンズを扱うと
破れたり、キズが付いたり。





そういうことを考えると
飲食関係の場合は
レンズケアが必要で、
1枚のレンズで長い日数を使う
2ウィークとか
マンスリーレンズは
避けたくなります。






コストはかかりますけど、
ワンデーでやった方が
無難そうです。










【スポンサーリンク】














ケアが必要なレンズを使うのならば、
レンズケアの選択は
慎重にするべきです。





レニューやオプティフリーなどの
こすり洗いタイプは
是非とも避けるべきでしょう。





荒れた手、油分が残る手で
ゴシゴシとこすり洗いするのは
むしろ逆効果になっちゃうかも。





日本アルコンの
エーオーセプトクリアケアとか
オフテクスの
クリアデューファーストケアのような
つけ置きタイプでかつ、
強力なものが理想です。








【スポンサーリンク】







 
【レンズケア情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| レンズケア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする