2017年07月30日

シードが新製品ワンデーピュアフレックスを発売します!




ワンデーピュアうるおいプラス.jpg










かねてからウワサのあった
シードの
1日使い捨てレンズの新製品

完成間近になっているようです。






レンズの名称は・・・・



ワンデーピュアフレックス!






現在あるワンデーピュアの
シリーズのひとつとして数えられる
新ジャンルのレンズです。




例えば、
「乱視矯正用のレンズ」とか、
「瞳を大きく見せるレンズ」とか、
ひとことで言うのが
難しいレンズなんです。




ひとこと以上で
言わせていただきますと・・・・




デスクワークなど
目を使うことが多い人の
目の負担を軽減して、
おそらくは眼精疲労を
少なくできるかもしれないレンズ



・・・という感じ。






すでに発売されている
クーパービジョンの
バイオフィニティアクティブ
とか
アイミーの
2ウィークアビューなんかも
同じジャンルのレンズなんです。






ちなみに
バイオフィニティアクティブの
キャッチコピーは・・・・




疲れ目の軽減を
めざしたレンズ







2ウィークアビューの
キャッチコピーは・・・・




目の負担を緩和する
快適デザインの
リラックスレンズ





…という感じなんで、
なんとなくは
わかっていただけましたでしょうか??










【スポンサードリンク】














フレックスとか
アクティブとか、
柔軟性が高そうなイメージで
ネーミングしてます。





遠くのものを見たり
近くのものを見たり
中間距離のものを見たり、と
見るターゲットによって
ピント合わせを
自動的にしてくれるような筋肉が
目玉の中にあるのです。



メガネもそうですけど、
本当は度数は弱めの方が
目の負担は少なくなります。




でも今まであったコンタクトだと、
単一の度数しか入れてありませんから、
つまりは遠くがよく見えるように
遠くの度数がフルに入ってますから、
それでデスクワークをやってると
ムダに強い、ということになって
眼精疲労が起きるのです。




ワンデーピュアフレックスは
1枚のレンズの中に
今まで同様の遠くを見るための度数と、
デスクワーク用の弱い度数とが
同居しているのです。




必要に応じて
目線が自動的にその度数を選択して
見せてくれる、
という構造になっています。








【スポンサードリンク】












考えてみれば、
スマホ見たり、本を読んだり、
仕事したり、テレビを見たり、
数10センチの距離内で
何かをやっていることが
ほとんど。



特にスマホは
仕事からプライベート、
遊びや情報源ツールとして
ものすごく使うことが多いはず。




満員電車の中で
潰れそうになりながらも
スマホ画面から目を離さない人って
けっこういますし。



あんな状態で
画面が自分の鼻に
くっつきそうな距離で見てるんだから、
そうとうムダな筋肉使ってますもの。




 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 14:00 | TrackBack(0) | 新製品先取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック