2017年07月16日

ロートがモイストアイマルチフォーカルを新発売します





モイストアイ ロート.jpg









ロートが発売している
シリコーンハイドロゲル素材の
2週間交換レンズ、
モイストアイ・シリーズ
新製品が追加されます。






それは・・・・



モイストアイ
マルチフォーカル






今回は
遠近両用レンズです。

近視用&遠視用の
モイストアイ、
乱視矯正用の
モイストアイ乱視用
遠近両用が加わって、
これでひと通りは揃ったな、
という感じです。






とは言ってもですね、
モイストアイ・シリーズは
完全なOEM製品。






その正体は
クーパービジョンの
バイオフィニティなのです。






近視用&遠視用の
モイストアイは
バイオフィニティ。


乱視矯正用の
モイストアイ乱視用は
バイオフィニティトーリック、
と同一製品なのです。







【スポンサードリンク】












ならば、
モイストアイマルチフォーカルは
バイオフィニティマルチフォーカルと
同一製品なのかというと、
ちょっとビミョーな違いが
ありそうなのです。






モノとしては
バイオフィニティマルチフォーカルで
おそらくは
間違いないと思います。





違いがあるのは
老眼の度数です。






本当は海外では
バイオフィニティマルチフォーカルは
以下のような老眼度数が
製造されています。



+1.00

+1.50

+2.00

+2.50






しかし、
日本のクーパービジョンが
日本国内で発売しているのは




+1.00

+1.50



この2データだけなんです。








【スポンサードリンク】









 
で、ロートが
モイストアイマルチフォーカルとして
このたび発売していくのは



+1.50

+2.00





という2種類の度数だけ。





日本のクーパービジョンも
ロートも
海外で発売されている
すべての老眼度数は
発売しないようです。




でもロートの方が
ちょっと強めの度を出しますから、
比較的、多めの老眼のユーザーに
対応できるという点ではいいのかも。





 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 遠近両用/老眼情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック