2017年05月15日

ワンデーアクエアトーリックのユーザーがマイデイトーリックを高く評価!




マイデイトーリック.jpg











クーパービジョンの
1日使い捨て乱視矯正用レンズと言えば、
ワンデーアクエアトーリック
長く使われてきました。






このレンズ、
発売当初から
非常に評判が良かったんです。





それは
どういう点なのかというと・・・・





視力の安定性が高い!



乾燥しにくい!



裏表が判別しやすい!



扱いやすい!



レンズのアングルを示す
ガイドマークが探しやすい!




・・・などなど。







乱視用レンズにとって、
<視力の安定性>というのは
大きな問題です。





乱視用のレンズは
近視用や遠視用、
遠近両用などとは違って、
<レンズを決まったアングルで
目に入れなければ、
きちんと見えませんよ>
という
方向というか、
角度が決まっているのです。




そのためにレンズ自体に
ガイドマークが付いているのです。











【スポンサーリンク】















決まったアングルで
きちんとレンズを入れたとしても、
例えば目線の使い方であったり、
乾燥の度合いであったり、
そういう原因によって、
目の中で
そのアングルがズレてしまうことも
なくはないのです。



そのズレ、が
ワンデーアクエアトーリックは
あんまりない。



すなわち、
<視力の安定性>がいいのではないか、
と評価されていたのです。





しかし時代は
シリコーンハイドロゲル素材。



ワンデーだって各メーカーとも
シリコン素材を使った製品を
1アイテムは持っているようになりました。



更にクーパービジョンは
世界初のシリコーンハイドロゲル素材の
乱視矯正用ワンデー、
マイデイトーリック
発売しちゃったんです。







ワンデーアクエアトーリックのユーザーも
これには興味津々。




今のままでも調子がいいってのに、
その上をいくレンズが出たとなりゃ、
黙っちゃいられません。









【スポンサーリンク】














ワンデーアクエアトーリックから
マイデイトーリックに
乗り換えてみたユーザーの大半が
マイデイトーリックでそのまま
使い続けているようです。




酸素透過性は約4倍にアップ、
よりいっそう乾きにくいのみならず、
目に入れた感触も非常に軽い、
と、けっこう高く
評価されているのです。




長年、何の不具合もなく、
調子よく使えてきたレンズを
あえて新製品に乗り換えて、
それでも今まで以上の評価を
引き出せてるなんて、
なかなかなもんじゃないですか!


 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 乱視矯正用レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック