2017年05月11日

香川照之さんがカマキリ先生のかぶり物で「老眼なんだよ!」とブチ切れ!






香川照之の昆虫すごいぜ.JPG










香川照之さん
優れた俳優であることは
申し上げるでもありません。






映画であろうが
テレビドラマであろうが、
主役であろうが脇役であろうが、
彼をキャスティングした時点で、
その作品の価値は9割方決まる、
と言っても過言ではないでしょう。




歌舞伎の道も大切です。
猿之助の名跡を
途絶えさせないようにする
使命があるのはよくわかります。
自分が中継ぎ役となって
愛息にバトンを渡す・・・・
これはもう宿命です。




でもやっぱり、
香川照之さんは
俳優業に生きていただきたい!!



土下座、顔芸、
いいじゃないですか!



全身入魂のあの演技は
もはや「顔面国宝」
言ってもいいでしょう!!











【スポンサーリンク】















さらにはですね、
実際の香川照之さんは
知る人ぞ知る「昆虫マニア」!!





草むらを見るとムラムラしてくる、
というから
これはもう本物。



そんな腕を見込まれて?
NHKのEテレで、
「香川照之の昆虫すごいぜ!」
なる番組を任されたのです。




第一回目はバッタを熱く語って、
このたび放送された第二回目では
モンシロチョウを深く特集しました。



カマキリのかぶり物をまとって、
カマキリ先生と称して
素手でモンシロチョウを
捕獲にかかります。




モンシロチョウは破線状に
ひらひらと飛び回って
さすがに素手では
触ることすらできません。



仕方なく今度は
帽子を使って捕獲を試みます。
この方法は少年時代に
誰もが経験があったはず。



カマキリ先生は
その経験を思い出して
キャッチできるはずだったのに
それでもかないません。



最後に王道の
虫捕り網を使用!
それでも、
モンシロチョウのすばしっこさに
翻弄されてしまいます。



昔取った杵柄とはいえ、
自身の体力の衰えに
苛立ちを隠せないカマキリ先生。



そこで
やや見苦しい言い訳を放ちます。



「老眼なんだよっ!」




香川照之老眼.JPG


香川照之カマキリ先生.JPG







香川照之さんは1965年、
昭和40年生まれで、
12月の誕生日が来れば52歳。



老眼は出てきて
しかるべき年齢ではありますが、
それは目の前30センチ以内が
見にくくなる、というセカイ。



虫捕り網でも捕獲できないのは
視力の問題ではなさそうです・・・・





【スポンサーリンク】








 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 遠近両用/老眼情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック