2017年05月06日

デイリーズトータルワン遠近両用のスペックはこれだ!





トータルワンマルチフォーカル 遠近両用.jpg










日本アルコンは
2017年7月に
デイリーズトータルワン遠近両用
新発売します。






これは世界初の
シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性遠近両用ワンデー、
という貴重な存在です。




そして、
このレンズのスペックが
明らかになりました!



こんな感じ・・・・




***************

デイリーズトータルワン遠近両用



酸素透過性=156


含水率=33%


ベースカーブ=8.5ミリ


サイズ=14.1ミリ


中心厚=0.09ミリ


近視度数=
+5.00〜-10.00


老眼度数=
LOW/MED/HI

***************












【スポンサーリンク】















これって、モノとしては
現在あるトータルワン近視用と
かなり近いですよね!



ベースカーブは
近視用だと<8.8ミリ>と<8.5ミリ>の
2種類が用意されています。



遠近両用は<8.5ミリ>だけですが、
数値としては近視用とかぶってますね。



サイズが<14.1ミリ>という
妙に半端な数字あるのも同じ。



中心厚の<0.09ミリ>ってのも
おんなじ、
酸素透過性=<156>、
含水率=<33%>・・・・
このへんもみんなおんなじですよ!




つまりは素材というか、
モノとしては既存のトータルワンを
そのまんま使ったんだな、
ってことになるのです。










【スポンサーリンク】

















日本アルコンは
遠近両用ワンデーの
デイリーズアクアコンフォートプラス
マルチフォーカル

遠近両用2ウィークの
エアオプティクスアクア遠近両用
見え方としてはどちらも
まあまあの評価を受けています。




遠くを見る視力と、
近くを見る視力のバランスが
他メーカーの遠近よりは
優れているのではないか、と。



トータルワン遠近両用の
スペックを見てみますと、
3種類の老眼の度数
<LOW>、<MED>、<HI>が
用意されていること、
そしてレンズの中心部分に
近くを見るための度数が
入れられていること・・・・
これは正に
デイリーズアクアコンフォートプラス
マルチフォーカル、
そして
エアオプティクスアクア遠近両用と
まったく同じ構造ですねぇ。




極端な話、
そのまんまトータルワンに
移設したような感じですよ!


 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | 遠近両用/老眼情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449611619
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック