2017年04月17日

使っている遠近両用が見にくくなったら、度数を変更するのではなく、メーカーを変更する!






2WEEKメニコンプレミオ 遠近両用.jpg












遠近両用コンタクトがうまくいって、
それを半年とか1年とか、
あるいはそれ以上使ってから、
前よりは見にくくなってきた、

という状態になることは
よくある話です。






見にくくなってきた、
というのは
たいがいは「近いもの」の見にくさ。




かんたんに言ってしまうと、
老眼が進んできた、
ということが多いのです。





それでは、
その時には
どうすればいいのか??




単純に考えると、
老眼の度数を
変更すればいいのではないか、
と思ってしまうでしょう。




確かに、
遠近両用レンズには
複数の老眼度数が
用意されています。




中にはクーパービジョンの
プロクリアワンデー
マルチフォーカルのように
単一の老眼度数しか製造していない、
というアイテムもあることはあります。




でもたいがいは
2段階ぐらいの老眼度数が
作られていることが多いのです。










【スポンサーリンク】
















しかし実際は、
老眼度数を強くして
老眼が進んだ分、
近いものを見やすくする、
という方法は
あんまり使われないのです。







遠近両用コンタクトは
あの小さな、
狭い範囲のレンズの中に
近くを見る度数、
遠くを見る度数、
中間距離を見る度数など
複数の度が
詰め込まれています。




もしも、
老眼の度数を増やすことになれば、
遠くを見る度数、
中間を見る度数の範囲が
狭くなってしまうのです。




お互いが譲り合って
同居しているために、
近くが幅を利かせれば、
遠くや中間の見え方は
一歩、引かざるを得ない、
というわけなのです。




老眼の度数を強くすれば、
近いものは
確実に見やすくなります。



しかし、
遠くや中間距離は
確実に物足りなくなるのです。




遠近両用なのに、
そんなん、
おかしいやん??



・・・と宮根誠司さんなら
突っ込んでくるでしょう。





でもそれが、
現在の遠近両用コンタクトの現実、
それが今のとこの限界なのです。









【スポンサーリンク】












遠近両用は
ビミョーなニュアンスの世界です。




近いものが物足りないと感じたら、
度数を変更するのではなくて、
思いきってメーカーを変更してみる、
というのも
十二分に価値があると思います。




意外にも、
それで改善、
解決ができることは
少なくないのです。




同じメーカーの
同じレンズで行き詰ったら、
そのレンズはその人にとって
もうそこまで、
ということもあります。




慣れ親しんだレンズの感触が
変わってしまうのではないか、
とか、
フィット感や材質が自分に合ってる、
とかの問題もありますが、
それがだいじょぶだったら、
メーカーの乗り換えを
検討してみては??


  

 
【関連する記事】
posted by フムフム君 at 00:00 | TrackBack(0) | 遠近両用/老眼情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック