2020年06月30日

眼球を指で押しつけないと外れないレンズ




デイリーズアクアコンフォートプラストーリック 乱視用.jpg









レンズが外しにくい!!


・・・と感じることがあります。








いつもやっていたように、
親指と人さし指の2本で
チョイとつまめば外れたのに、
つまんでも引っかからない。





レンズの表面を2本の指が
ツルツルとすべっているような。





仕方なく、
2本の指を眼球にグッと
押し付けるようにしてつまむと・・・・
取れた!







外れたのはいいけど
眼球に押し付けるって、
なんかコワイし、
もっと自然に外れるレンズの方が
気が楽だなぁ・・・・









【スポンサーリンク】














そんなふうに、
一般的な外し方では取れにくいレンズ、
といわれているものが
いくつかあるのです。






代表的なのは
日本アルコンのワンデー
デイリーズアクア、
そしてそのうるおいタイプのシリーズが
3アイテム。






近視用の
デイリーズアクアコンフォートプラス、
乱視矯正用の
デイリーズアクアコンフォートプラス
トーリック、
遠近両用の
デイリーズアクアコンフォートプラス
マルチフォーカル、
これだけネーミングが長いと
いかにも外しにくい、って感じ?
それは関係ないか。






さらには「生感覚レンズ」でヒットしてる
デイリーズトータルワンと
デイリーズトータルワン遠近両用。





カラーレンズの
フレッシュルックカラー、
サークルレンズの
フレッシュルックイルミネート。







アルコンのワンデーは
もともとはツルリンとした素材なので
つまむ時に外しにくいのです。










【スポンサーリンク】















それから、
メーカーを問わず、
シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性レンズは
ワンデーでも2ウィークでも
外しにくいと言われることが多いのです。





レンズの表面が非常になめらかなので、
それですべってしまう。





酸素透過性がアップしたことで
装用感が軽くなって、
乾燥も激減したのに
外しにくいのは困るなぁ・・・・
と感じているユーザーは少なくありません。




でも、だいたいがすぐに慣れます。
それなりに、
外すコツをつかんでいくのです。




しかしデイリーズ・シリーズは
なかなか慣れないみたいです・・・・





posted by フムフム君 at 00:00| レンズのスペック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする