2019年07月31日

ワンデーピュアうるおいプラス Flexを使っても、何の実感もなかった!






ワンデーピュアうるおいプラス フレックス flex シード.jpg











シードの1日使い捨てレンズ、
ワンデーピュアは2009年に発売されて
2011年には
ワンデーピュアうるおいプラスとして
マイナーチェンジ。




発売以来、かなり多くのユーザーを
獲得してきました。




そして、2018年には
レンズはそのまんま同じもの、
材質からスペックまで
同じ状態を維持して
ワンデーピュアうるおいプラス Flex
新発売したのです。






これは
かんたんに言うと、
眼精疲労対策レンズ。





レンズのとある部分に
弱めの度数が入っていて、
近いものを見る時には
その弱めの部分に焦点が合うために
目の負担が軽減される、
という仕組みなのです。










【スポンサーリンク】
















1枚のレンズの中に、
複数の度数が入ってる、
ってこれ、
遠近両用と同じなんじゃないの??



・・・・と思ってしまうのも
無理はありません。







はい、その通り。
遠近両用レンズと
まったく同じ構造なのです。




遠近両用は
近くを見る時に使う弱めの度数が
かなり弱めに入っています。



ワンデーピュアうるおいプラス Flexは
近くを見る時に使う弱めの度数が
わずかに弱めに入っている、
という違いなのです。





だからといって
遠近両用コンタクトのように
やたら高級品ではないのです。




実売価格としては
ワンデーピュアうるおいプラスよりも
Flexの方が少しだけアップ、
という程度が多いようです。










【スポンサーリンク】













でも実際に
ワンデーピュアうるおいプラス Flexを
使ってはみたけれど、
今までの一般的なレンズと
何も変わらないよ、
というユーザーもいます。




疲れが軽減されたわけでもないし、
いつもと同じようだ、と。




しかしですね、
近いものを見る時に
今までよりも少ない度数で見ている、
という事実は確かなのです。




負担をかけていないのは
確かなのです。




同じようであれば、
弱い方を選択する、

というのが理想なのです。






【スポンサーリンク】








 
posted by フムフム君 at 00:00| レーシック/メガネ/視力/眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする