2018年02月28日

花粉症で目がかゆい人に最適なレンズケアとは?




花粉症.jpg









花粉などの付着物や
アレルギー性の汚れを
しっかりと落すことも重要です。




さらに重要なのは
レンズケアの成分そのものが
アレルギー反応を
助長してしまうものがけっこう多い、
ということ。










よく言われているのは
レニューや
オプティフリーなどの
これ1本でOKタイプ。




薬剤が長持ちするように、
開封後、外気にさらされても
腐食しにくくするために
防腐剤というものが
添加されているのです。




市販の点眼薬などにも
多く使われているのですが
防腐剤がアレルゲンとなって、
目のかゆみ、目ヤニ、
充血などが増大してしまう、
というのは
本意ではありません。





でもこういうのって、
ご存じない方も
けっこう少なくありません。




花粉症なのに
これ1本タイプを使ってて、
かゆいなー、
目ヤニ出るなー、
目が重いなー・・・・
と嘆いてらっしゃる。









【スポンサーリンク】













知ってる人は
知ってます。





そういうユーザーは
これ1本タイプのケアは使わずに、
つけ置きタイプでやっているのです。




つけ置きタイプとは
エーオーセプトとか、
ケムセプトとか、
コンセプトワンステップとか、
ファーストケアとか、
そんな感じのやつです。




とにかく、
手のひらでゴシゴシこすらない、
ただ消毒液につけておけば、
洗浄、中和、消毒、保存を
自動的にやってくれるやつ。




そういう類のレンズケアには
防腐剤が使われていないのです。




花粉症がつらいから、
ワンデーにしよう、
とか、
花粉症がつらいから
メガネで乗り切ろう、
とか、
それはそれで正解なんですけど、
その前に見直すべきは
レンズケアの選択、
なのです。








【スポンサーリンク】








posted by フムフム君 at 00:00| 花粉症/アレルギーとコンタクト情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする