2017年09月28日

歌詞の中に近視の話が出てくる大瀧詠一「さらばシベリア鉄道」




大瀧詠一 さらばシベリア鉄道.jpg









「コンタクトレンズ」とか
「近視」とか「乱視」とか
それ系のキーワードが
歌詞の中に出てくることって、
なかなかない話です。




せいぜい出てきても
「メガネ」ぐらいですかね?




コンタクトも近視も
とっても身近な存在なのに、
キーワードとしては
ちょっとカタイのでしょうか??




確かに、
病名とかもあんまり使われませんよね。
使われたとしても
「風邪」ぐらいかしら??





キミのことを思うと
恋しくて胃潰瘍・・・・




とかだと、
ちょっと深刻だし、



キミへの思いは
下痢ピーのように止まらない・・・



というわけにもいきませんし。









【スポンサーリンク】













1981年、
大瀧詠一の名盤
「A LONG VACATION」





アルバムのラストを飾る
「さらばシベリア鉄道」では
近視の女の子の話が
出てくるのです。





作詞は松本隆氏。
さすがは御大。
誰にもできないことを
やってくれます。





「さらばシベリア鉄道」



作詞︰松本隆
作曲:大瀧詠一






哀しみの裏側に何があるの?
涙さえも氷りつく白い氷原
誰でも心に冬を
かくしてると言うけど
あなた以上冷ややかな人はいない


君の手紙読み終えて切手を見た
スタンプにはロシア語の小さな文字
独りで決めた別れを
責める言葉捜して
不意に北の空を追う


伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ…いつまでも待っていると




この線路の向こうに何があるの?
雪に迷うトナカイの哀しい瞳
答えを出さない人に
連いてゆくのに疲れて
行き先さえ無い明日に飛び乗ったの


ぼくは照れて 愛という言葉が言えず
君は近視まなざしを読みとれない
疑うことを覚えて
人は生きてゆくなら
不意に愛の意味を知る


伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ…いつまでも待っていると


伝えておくれ
十二月の旅人よ
いつ…いつまでも待っていると








【スポンサーリンク】












こういう人、
いるんですよね!


視力が良くないのに
メガネもコンタクトも使わずに
裸眼で生活してる人!



男は口下手が多いんで、
言いたいことを言えずに、
モヤモヤしてるんだから、
「言葉にしなくても、
表情で分かって欲しいなぁ〜!」
・・・っていう部分があるんです。



でも、近視なのに裸眼で
顔の表情が見えてないと、
これ、困りますって!




posted by フムフム君 at 00:00| レーシック/メガネ/視力/眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする