2017年09月25日

エアオプティクスEXアクアは実はメディカルユース!





エアオプティクスEXアクア 日本アルコン マンスリー.jpg









日本アルコンのマンスリーレンズ、
エアオプティクスEXアクア
どういうわけだか低い知名度。







まあ、
1カ月使うレンズっていうもの自体が
ちょっとマイナーなんです。




たいがいはワンデーか、
2ウィークがメインですからねぇ。



でも1カ月交換レンズって、
シードとかメニコンとかも
発売してるんですよ。






アルコンの
エアオプティクスEXアクアは
そんなマイナーな存在なのに
なんと、贅沢にも
シリコーンハイドロゲル素材。



酸素透過性の数値<175>は
ボシュロムの
アクアロックスの<161>
クーパービジョンの
バイオフィニティの<160>、
メニコンの
2ウィークメニコンプレミオの<161>、
ジョンソンエンドジョンソンの
アキュビューオアシスの<147>を抑えて、
堂々ぶっちぎりのトップ!




素晴らしいじゃないですか!



当然、レンズの評価も
それなりに高いんですよ。



なんてったって、
乾燥感がかなり少ないってのが
最大の特徴ですね。




発売は2004年、
その当時の名称は
O2オプティクスでしたけども、
2014年に名称変更。



14年間もマイナーなままなんて、
哀しいじゃありませんか!









【スポンサーリンク】














マンスリーレンズとは言いながらも
つけたまま眠ってもいいという
連続装用可能なレンズでもあります。





しかも最長で
30日間、
つけっぱなしでもOK!





あんまりやりませんけどね。
一応、厚生省の認可を
それなりに取得してありますので、
できることはできるんです。





さらにはこのレンズ、
メディカルユースとしても
使われています。





メディカルユースとは
治療用のこと。



コンタクトレンズで
何をどう治療するのか、
と感じてしまうのも無理はありません。



治療するほど
目の具合が悪いのなら、
むしろコンタクトレンズを
入れること自体が
危険なのではないか、と。







【スポンサーリンク】











治療用とは
目に「フタ」をする時に
使うのです。




何らかの眼障害が起きて、
点眼薬を十二分に
浸透させなければならない場合、
点眼した目にレンズを入れておくと
点眼薬の成分が外気で蒸発したり、
涙で流されたりすることが
少なくて済みます。



さらには
レンズの内部に
点眼薬の成分が吸収されて、
それがまだジワジワと
にじみ出てきたりして、
治療したい部分に浸透していく・・・・



そうんなふうにも使える
スグレモノのレンズなんですが・・・・



 
posted by フムフム君 at 00:00| シリコーンハイドロゲル素材のレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする