2017年09月14日

メニコン Magicがパッケージをリニューアル!





メニコン Magic マジック.jpg









メニコンの1日使い捨てレンズ、
メニコン Magic
パッケージをリニューアルしました。







このMagicの正式名称は


Magic
1day Menicon Flat Pack



というのです。




レンズのパッケージにも
そのように記載されています。






レンズそのものはさておいて、
外箱のパッケージや
レンズが1枚1枚収納されている
ブリスターケースにこそ
このレンズのセールスポイントが
あるのです。




外箱は見てのとおり、
これって、ペンケース??



あるいは、
ちょっと人に見られたくない
アレが入れてるんかいな??

・・・と思わせるデザイン。




とてもとても
コンタクトレンズの箱であるとは
思えません。



そこが狙いなのです!




いかにも
コンタクトレンズ然としていないところ、
そういう点に親しみを持って欲しい、
それがメニコンのキモチだったのです。










【スポンサーリンク】













さらには
レンズが1枚1枚収納されている
ブリスターケース、
これがやたら薄い!!


いや、
この薄さは異常です!!



厚みはなんと!
たったの1ミリ!!




Flat Packというのは
このことだったのか!



別に、
薄くして
人目を引こうというのではありません。




薄くすることで
レンズの収納を安定させる、
ということこそが目的なのです






その他のメーカーのレンズは
ワンデーでも2ウィークでも
製造された当初は
レンズがきちんと表向き、
つまりは、
目に入れてもいいですよ、
というカタチで収納されています。



でも箱をいじったり、
輸送中に揺られたりしたことで、
ブリスターケースの中で
レンズがクルリと
反転してしまうことだってあるのです。











【スポンサーリンク】














レンズをケースから取り出して、
指先にのせて、
レンズの形状で裏表を判断する。



あるいはマークなどを探して
裏表を判断する。



こういう作業は面倒だ、
時間がかかる、
判断することが苦手だ、
裏なのか表なのか、
考えれば考えるほど
わからなくなってしまう、
というユーザーも
けっこういるのです。




Magicのフラットパックは
もう絶対に表の状態で
収納されているのです!



ケースを開いて、
そのまんま目に入れれば
それが正解!



平べったくて
うす〜いケースにすることで
レンズの反転を100%防止できる、
ということなのです。





パッケージがリニュアーアルされましたが、
今まであった
10パターンの模様はなくなって、
既成のホワイト一色に。



ブリスターケースも
パステル調のシンプルな色合いに。



ケースとしての機能については
変化なしです。



 
posted by フムフム君 at 00:00| ワンデー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする