2017年09月02日

陣内智則さんの視力検査ネタ動画





視力低下.jpg









視力検査の時に読む
あの「C」の向き。






あれは本当は
アルファベットのCではなくて、
「ランドルト環」というのが
正式名称なんです。




ランドルトさんが考案したということで
別名「ランドルト氏環」と
呼ばれることもあるのですが、
「ランドルト環」の方で
通っていることが多いようです。



しかしこれ、
日本だけではなくて
世界各国で長期に渡って
日々あちこちで使われてますけど、
著作権とかあったら
ランドルト家の一族は
孫子の代まで遊んで暮らせますよね。




あ、すいません・・・・
下世話な話で・・・・










【スポンサーリンク】














視力検査を受ける時に、
「上!」とか「下!」とか答えていって、
0.8とか0.9ぐらいになると
Cの文字もかなり小さくなってきて


「これ、ひょっとして、
斜め上とか斜め下とかも
あるんですか??」



なんて、
検査の人に聞いちゃったりして。



それって、結局は
「よく見えてない」ってことですよね?





でもあらかじめ、
「斜め上もあるんだぞ」ということを
知ってるのと、
知らないで
半信半疑で検査されるのとは
気持ち的にも出来としても
ずいぶんと変わってくるような気がします。






陣内智則さんのネタで
「視力検査」というのがあります。



ありきたりの日常の中にある
素朴な疑問とか、
まじめにやってることでも、
冷静に見ると不可解だなぁ、
なんてことに着目する能力に
きわめて優れている陣内ネタを
ご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓










【スポンサーリンク】









 
posted by フムフム君 at 00:00| レーシック/メガネ/視力/眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする