2017年08月18日

レインボーコンタクトが新製品を開発中!




レインボー ハードレンズ プロミネント.gif









ハードレンズ専門メーカーの老舗、
レインボーコンタクトが
新製品を開発中です。








これはレインボーが
対外的にも公言している
ニュースなのです。





その新製品とは・・・・


前後面トーリックの
ハードレンズ!








これはなかなか難しいですよ。
この用語を聞いて
なるほど、と思う方は
かなり少ないはず。
超マニアックなレンズです。





目的は・・・・



近視や遠視の矯正に加えて
乱視を完璧に矯正する!







近視や遠視の矯正、
これはごく当たり前。
フツーのレンズとおんなじです。




それに加えて、
乱視を完璧に矯正する。



そもそも
従来のハードレンズでも
乱視は矯正できてるんです、
おおむね。



その「おおむね」を
「完璧に」というレベルまで
いっちゃうというのが
目的のようなんです。











【スポンサーリンク】
















黒目の形状は人さまざま。
キレイな円形よりも
ある程度は楕円形である人の方が
多いのです。




楕円が楕円であるほど
乱視が強いのだ、
ということになっています。



そこにまん丸のハードレンズを入れれば
楕円が一時的に打ち消されて
乱視状態が一時的に解消できる、
すなわち矯正できる、
というわけなのです。





さらには
目の奥に鎮座する
水晶体という
ピント調節をする組織。




これもまた
楕円形なんです!



楕円であると
乱視状態のブレが発生しやすい。
でもさすがにここには
コンタクトを入れるわけには
いきませんからねぇ・・・・











【スポンサーリンク】















そこで!



ハードレンズの後面、
くぼんでいる方というか、
黒目にくっついている方ですね、
そこで黒目の乱視を矯正します。




さらには
ハードレンズの前面、
外側に晒されている方ですね、
その部分にも乱視の度を入れて、
水晶体にある乱視を矯正しちゃおう!
・・・・というのが
前後面トーリックレンズなのです!




スゲェ!!
やる気、満々だぜぃ!!



でもですね、
水晶体の乱視で
不具合を感じているユーザーは
かなりのマイノリティ。



今までも
前後面トーリックレンズは
ほとんど光が当たりませんでした。




ハード専門メーカーは
違いますね!

posted by フムフム君 at 00:00| 新製品先取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする