2017年04月24日

トータルワン vs ワンデーアキュビューオアシス戦争勃発!



ワンデーアキュビューオアシス.jpg




デイリーズトータルワン.jpg










日本アルコンの
1日使い捨てレンズ、
デイリーズトータルワン






そして、
ジョンソンエンドジョンソンの
1日使い捨てレンズ、
ワンデーアキュビューオアシス







どちらも
各メーカーの最新作のワンデー。



そしていずれも
シリコーンハイドロゲル素材の
高酸素透過性なのです。




さらには
現在あるワンデーの中では
この2アイテムが
もっとも装用感がよく、
もっとも乾燥に強いのではないか、
と言われているのです。




確かに、
どちらも装用感がいい、
というよりも
レンズが目に入っていることを
ほとんど感じないぐらいの軽さ、
なのです。




そして、
乾燥に強い、というよりも、
ほとんど乾かない、
自分が乾きやすい目なんだってことを
すっかり忘れてしまった、
という境地にまで至るユーザーが多い、
とも言われているのです。











【スポンサーリンク】















こうなると、
ジョンソンエンドジョンソンも
日本アルコンも
双方がライバル視しているようです。




どちらも同じような素材、
同じような評価、
すべてのコンタクトレンズを見渡して、
突出して評判がいいのは
この2アイテム、
ということになると、
さすがにライバル視せざるを
えないでしょう。





しかし、
欠点もあるのです。




デイリーズトータルワン
レンズがちょっと
ツルリとした感触。


これ、人によっては
外しにくいと感じる人も。



ワンデーアキュビューオアシス
感触としてのクセはありません。


しかし、
かなりの高額!


ハイエンドなレンズですから、
ある程度の金額はやむをえません。



トータルワンだって
普通よりはちょっと高額だっつーのに、
ワンデーアキュビューオアシスは
それよりも更に更に高額!











【スポンサーリンク】















トータルワンのツルリ感は
コツや慣れで何とかなるようです。



アルコンも
<外しにくい場合の裏テクニック>みたいな
解説文書を配布したりして、
そのへんのケアは周到です。




ワンデーアキュビューオアシスが高額ならば、
安く買えるところで買えばいいじゃないか、
という気もしますが、
実際はほとんど安くは売られていない、
というのが現状。




ハイエンドなレンズは
ハイエンドな価格で販売していく、
というのが
メーカ−の方針でもあるようなのです。



そういったデメリットもあるにはありますが、
やはりユーザーは
自分が使いたいと思えるレンズを
選択するのでしょう。




トータルワン vs
ワンデーアキュビューオアシス戦争は
今後いかに・・・・???



posted by フムフム君 at 00:00 | TrackBack(0) | ワンデー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする