2017年04月07日

シードは今後、前途多難??





2ウィークピュアうるおいプラス シード 北川景子.jpg










各コンタクトメーカーはこの1年で
高性能な新製品を
それぞれが発売しています。





ジョンソンエンドジョンソン
シリコーンハイドロゲル素材の
ワンデーアキュビューオアシス
かなりの高評価。




ボシュロム
装用感を大きく改善できた
シリコン素材の2ウィーク、
アクアロックスを発売。




日本アルコン
デイリーズトータルワンが大好評。
年内には
トータルワン遠近両用を発売予定。




クーパービジョン
シリコン素材のワンデー、
マイデイと、
乱視矯正用の
マイデイトーリックを発売。
シリコン素材の乱視用は日本初。


・・・・という感じで。







しかし、
シードはそういう明るい兆しが
ほとんどないのです。






1日使い捨てレンズの主役は
ワンデーピュアうるおいプラス。



大手コンタクトメーカーの中では
唯一、シリコンワンデーを持っていないので
このモデルが主力商品なのです。


発売は2009年、
途中「うるおい成分配合」に
モデルチェンジはしたものの、
モノとしてはそのまんまなのです。





2週間交換の主役は
2ウィークピュアうるおいプラス。



発売ははるか2004年。
こちらも2016年に
うるおい仕様にモデルチェンジしましたが、
発売から12年も経ってするなんて、
それなら新製品を出すべきなのでは?
・・・・という疑問が
素直に残ります。




全メーカーが当たり前のように持っている
シリコン素材の2ウィークも
いまだ発売されず。












【スポンサーリンク】















さらには
遠近両用レンズ。
発売は早かったんです。




2ウィークピュアマルチステージは
2010年発売。



それまでにも
ジョンソンエンドジョンソンの
2ウィークアキュビューバイフォーカルとか
あることはあったんですけど、
本当に使える遠近両用2ウィーク、
としてはこれが最初であった、
と評価されました。




ワンデーピュアマルチステージは
2012年発売。
これは「日本で初めての遠近両用ワンデー」
という位置づけでした。



まだ発展途上の遠近ですから、
後発の製品は当然
よりイイモノを出してきます。



ワンデーも2ウィークも
性能としては
今では他メーカーに
追い抜かれてしまったような・・・・










【スポンサーリンク】















シリコン素材のワンデーを
発売する予定もなし、
シリコン素材の2ウィークの
予定もなし。



遠近両用をリニューアルしたり、
さらなる新製品を
発売する予定もなし。




その他のメーカーは
どんどんと
よりハイレベルなレンズを
追求しつつある・・・・




だいじょうぶなのか??
シード!!



 



posted by フムフム君 at 00:00 | TrackBack(0) | コンタクトレンズメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする