2017年04月04日

エーオーセプトのレンズケースがモデルチェンジ!






エーオーセプトクリアケア.jpg










日本アルコンの
ソフトコンタクトレンズ用
洗浄消毒液である
エーオーセプトクリアケア







レンズを手のひらにのせて
ゴシゴシとこすり洗いをしないで、
ただ単純に液体に漬けておくだけで
洗浄、消毒、中和、保存が
自動的に完了できる、
という手軽さ。




しかも、
洗浄能力、消毒能力は
かなり高め、と
申し分のないレンズケアなのです。





しかし、この製品、
かなり前から言われ続けてきた
大きな大きな欠点があるのです






それは・・・・



専用レンズケースに表示してある
RLマークがかなり見にくい!!

・・・・ということ。









【スポンサーリンク】













エーオーセプトのレンズケースは
筒状になっていて、
内部に歯車型のようなものが
付いています。



この部分には
白金という金属が塗ってあって、
それが消毒液である過酸化水素水と
化学反応を起こして
レンズを消毒します。



レンズはバスケット状になっている部分に
収納するのですが、
このフタに左側を示す
「L」というマークが立体的になっています。



「L」??




フツーは
「R」にしませんかね??



大方のメーカーのレンズケースは
たいがいが「R」ですよ。



もしくは「R」と「L」を
それぞれ表示とか。



ひっそりと無色で「L」って、
あまりにも地味過ぎませんかね?



「L」字っていうのは
何かのフック部分とか、
そういう解釈もできそうな
デザインなんです。



区別をつけるためのマークなんですから、
明確に堂々と指し示すべきなのでは?



そんなワケで、
近々このマーク部分に
着色を施す予定があるそうです。



・・・って、
20年ぐらい遅くないですか?







【スポンサーリンク】









 
 
posted by フムフム君 at 00:00 | TrackBack(0) | レンズケア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする