2016年04月09日

犯人はカラコンで変装して逃走した!





ジョン・レノ 刑事ジョー.jpg








2013年のフランスのテレビドラマ
「刑事ジョー パリ犯罪捜査班」を見ていたら
またもコンタクトレンズが
事件の証拠品になってました!








ジャン・レノ演じる
ジョー刑事が
犯人の自宅に踏み込んでみると、
すでにもぬけの殻。




犯人は逃走してしまったのです。
やむなく家捜しを開始します。



と、
デスクの引き出しから
カラーコンタクトレンズの
パッケージが出てきました!




日本人がカラコン入れてたら
超・目立ちますけど、
欧米の方はもともと
瞳の色は
ブルー、グリーン、グレーなど
さまざま。




その人物を特定する要素として
瞳の色、髪の毛の色、
肌の色などは
おおきな目印になります。





カラコン 刑事ジョー.jpg


















【スポンサーリンク】






















でもこれ、
パッケージをよくよく見ますと、
アルコン
1日使い捨てカラーレンズの
フレッシュルックデイリーズですよね?







ほら、ほら!
横長の薄い箱は10枚入りで、
プラスチックケースには
明るいブルーのラベルが見えます!





フレッシュルックデイリーズ 刑事ジョー.jpg





でも、待ってくださいよ、
刑事さん!



<MADE IN セルビア>って
記載されてるからって、
セルビアで購入したとは限りませんよ!





カラーコンタクト 刑事ジョー.jpg





コンタクトレンズは
生産国と販売国が一致しないことが
ものすごく多いんですから!






日本で流通してるレンズだって、
MADE IN USA、アイスランド、
台湾、マレーシアなどなど
多種多様。




純粋に素材から出荷まで
日本国内で一貫してるのは
シードの
ピュア・シリーズぐらいなんです。



日本で流通してる
フレッシュルックデイリーズは
ドイツ産が多いし。




あ〜あ、
これじゃ、
ジャン・レノ刑事は
犯人を捕まえられないな〜・・・




【スポンサーリンク】








posted by フムフム君 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カラコン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする