2016年04月06日

遠近両用2ウィークから遠近両用ワンデーへの乗り換えが急増中!





ワンデーアキュビューモイストマルチフォーカル 遠近両用.jpg









遠近両用コンタクトレンズ
さまざまな種類が製造されていますが、
メインは何と言っても
ワンデー、または2ウィーク。






しかしですね、
ワンデーや2ウィークなどの
使い捨てレンズで常用していくこと自体が
すでにコストがかかるっちゅうのに、
そこへもってきて
もともと高価な遠近両用になれば
さらなる維持費がかさんでしまいます!




だったら、フツーは
2ウィークでしょう!




シンプルな近視用のレンズとかだって、
2ウィーク・ユーザー方が
数としては多いんですもの。





遠近両用レンズが
一般的になってきて
しばらくは2ウィークレンズが
メインだったんですって。




ところが最近じゃ、
ワンデーの方が
盛り上がってるんだとか!


















【スポンサーリンク】























時々使いたい、
というのであれば、
当然ワンデーを選択します。




週に3〜4回以上
使う日があるのなら
コスト的には2ウィークの方が安上がり。




でも、
遠近を毎日常用しているにも関わらず、
2ウィークをやめて、
あえてワンデータイプに
乗り換えるユーザーが
増えてるんですって!




これ、
超リッチマンですやん!






その理由とは・・・・




ワンデーの方が
めんどくさくない!






えっ?
今さらそんな理由ですか??

















【スポンサーリンク】






















遠近両用を使うような
おじさま、おばさまたちは
当然、ある程度の年齢です。



50歳前後、
あるいはそれ以上。



経済的には
余裕があるんですね。



いい年して、
近いものが見にくいっちゅうのに、
チマチマとレンズケアなんか
してられっかっ!!

・・・・というお気持ちだそうで。




それなら、
あとくされなく、
一日使い捨てでスパっと捨てて
かんたんに使っていきたいんだとか。




経済力がなければ
なかなかのたまわれないお言葉・・・・





そんなわけで、
各メーカーとも
遠近両用ワンデーの需要が
伸びているそうなんです、
フムム。

posted by フムフム君 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 遠近両用/老眼情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする