2015年03月31日

年度末に目を傷める人が多い!






コンタクトレンズによる角膜血管新生.jpg










3月っていうのは
たいがいの会社が年度末
仕事量が増えたり、
細かい書類関係の作業が増えたりするものです。







目にキズをつけた!もうやだ〜(悲しい顔)
・・・というコンタクトレンズ・ユーザーは
この時期にやや増加する傾向があります。







そのひとつは
長時間装用によるもの。





残業が増えて、
家に帰るのが遅くなる日々が続くと
コンタクトレンズを入れてる時間も長くなります。
















【スポンサーリンク】



















日頃、使用しているよりも
数時間長く装用する日々が続くと
黒目(角膜)が
酸欠を起こしやすい状態になるのです。






ましてや、
涙の分泌量が低下する夕方以降の時間帯に
特にPCや書類を見るなどの作業をすると
まばたきの回数も減って、
酸欠がますます加速されます。





コンタクトの上からさせる目薬、
その多くは人工涙液という
涙と同じ成分の点眼薬なのですが、
できる限り何回もさして
目のうるおいを維持することが大切です。




目を傷つけたり、
違和感や異物感などが発生するのは
乾燥に端を発することが多いのです。






本当は残業的な時間帯に
デスクワークオンリーであれば、
コンタクトを外して
メガネで作業した方が
負担が軽いのですが・・・・















【スポンサーリンク】







posted by フムフム君 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする