2012年10月31日

ロートのiQ14はシリコンよりも調子がいいかも??




2週間交換のコンタクトレンズの中では
もっとも知名度が低いレンズなのかもしれません。



ロートのiQ14と

その乱視矯正用のiQ14トーリック!






そもそもロートが
コンタクトレンズを発売しておること自体、
意外に感じてしまう人も少なくないのでは??



あるんです、かなり前から。
本当は遠近両用の2ウィークも、
使い捨てではない従来型のソフトレンズだって
発売してるんです。





prod_iq14_a.jpg






知名度が低いくせに、
長年消えずに残っているこのレンズ、

それには理由があるのです。

それは・・・


とっても乾燥にしくい!!わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)





ひょっとしたら
ウソみたいな話だけど、
メニコンの2ウィークプレミオとか
ジョンソンエンドジョンソンの
アキュビューアドバンスあたりよりは
評判が良かったりして??

・・・てことなんです。



とは言っても、
高酸素透過性でもなく、
シリコーンハイドロゲル素材でもなく、
昔からある普通の素材なんですよ。



もちろんシリコンレンズよりは低価格。
だったらそれを使おうじゃないかっ!!
・・・と誰もが思ってしまうかもしれません。
でもあんまり使われていない。
・・・っていうか、知られてない。


ロートさんも会社が大きいんだから、
もっと宣伝すれば、
それなりになっていくと思うんですけど・・・




実はこのレンズの正体は
クーパービジョンのレンズなのです。
とは言っても、
日本では発売されていないもの。



ワンデーアクエアとか、
バイオフィニティとか、
クーパーのレンズは乾きに対する強さには
やたら定評があるからなぁ・・・
フムム。




◆ ロート iQ14公式サイト
http://www.rohto.co.jp/iq/


posted by フムフム君 at 07:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 2ウィーク情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする