2012年05月17日

金環日食を見たあとで注意したい目の病気「日食網膜症」とは?





金環日食 日食網膜症.bmp




2012年5月21日、

朝の6時〜9時ぐらいにかけて、

日本で25年ぶりとなる金環日食が観測されます。




北は関東地方から東海、近畿、中国、四国、
そして九州南部にまで渡るそうです。

特に東京、名古屋、大阪の大都市圏でも
金環日食が観測されるということで
有史以来、最も多くの人が観られる
壮大な天文ショーとなるようです。



ただし、

日食を見る時には肉眼で直接見ることは

絶対に避けなければならない、

と言われています。
がく〜(落胆した顔)かわいい



太陽の光と熱はとても強いために
目を傷めてしまって、
最悪の場合には
失明してしまう危険性さえあるようなのです。



確かに、
スキー場とかで太陽の照り返しがきつくて
目を傷めてしまった、
なんて話もよく聞きますよね。










【スポンサーリンク】















日食によって生じる網膜障害は

「日食網膜症」と呼ばれていて、

昔から世界中で日食の時に発生しているそうです。




特に今回の日食は条件も良く、
大都市でも観測できる、ということで
天文ファンのみならず多くの方が見ることになります

日食観測用の専用グラス、
簡易なメガネみたいなやつですね、
最近じゃ、日食観測ブーム?に乗って、
けっこうコンビニとかでも
置いているのを見かけるようになりましたが、
必ずそういう専門のものを使って
見るようにしていただきたいものです。



ちなみに金環日食はこんな感じ。
2002年 6月10日、
マリアナ諸島のテニアンでの映像です。
(わたくし、フムフム君も行きました。日食とが違う時期でしたが・・・)
↓ ↓ ↓





 




皆既日食はこんな感じ!
↓ ↓ ↓










◆ 自然科学研究機構 国立天文台 ウェブサイト
<金環日食>
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/


◆ 専門メーカーVIXEN(ヴィクセン)日食グラス
http://www.vixen.co.jp/se/solarprotec.htm




【スポンサーリンク】





posted by フムフム君 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする