2012年05月12日

非球面レンズでいってみよう!




p02.gif









最近、
少しずつ増えてきた非球面レンズ






コンタクトレンズそのものがボールのように、
どこから切っても一様に
真ん丸い球体のカタチをしている、
っていうのが従来からあった球面レンズ。




非球面レンズとは
目に当たる部分の面とかが
一様なカーブを描いているのではなく、
外側に向かうに従って少し変化している、
というようなレンズのことを言うのです。





ハードレンズで言うと、
アイミーのアスフェリックUVエアとか、
レインボーのハイサンソUとかが
それにあたります。





特に乱視が強めにある人は、
もともと目そのものが
やや楕円形になっています。





その昔、乱視が強いから、
という理由でハードレンズを薦められて
目に入れてはみたものの、
とんでもない異物感で悶絶して
「は、早く外してくだせぃ、お代官様ぁ〜!」
・・・と泣きながら懇願してしまった経験のある人も
少なくはないと思います。
















【スポンサーリンク】







乱視が強い場合はハードで使えれば、
視力はスッキリと良く矯正されて
理想的ではあるのです。
でも楕円形の目にまん丸のレンズを入れる・・・
これでは異物感も当然です。


















楕円の目には、

楕円がかったレンズを入れないと・・・ね!
😃






そんなワケで
その昔、異物感がひどくて
ハードを拒絶してしまった乱視の強い人が、
アスフェリックUVエアや
ハイサンソUを入れてみると・・・




あれ?
その昔、苦しんだ感覚は何だったんだ??
これなら慣れるかも!

💡

・・・という希望の光を見出すことも
よくあるのです。





ハード=イタイ😞


・・・というのは昔の話です。








もちろんソフト系の方が
最初は楽に決まってますが、
慣れることができるのなら
視力は出やすいし、乾燥感も少ないし、
維持費はかからないし、
酸素透過性は使い捨てとは
比べものにならないほどハイレベルだし、
イイコトは多いんですよ、
フムム。








【スポンサーリンク】




posted by フムフム君 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ハードコンタクトレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする