2012年05月27日

新製品に乗り換えてみたい気持ちはあるけれど、それでもしも調子が良くなかったらイヤだなぁ〜




クーパービジョン 2ウィークアクエア+A.jpg







一年に一回ぐらいは

どこかしらのメーカーが

新製品を発売してきます。






新しいレンズだとたいがいは・・・



酸素をたっぷり透します!

うるおい成分配合で乾きにくい!

つけた瞬間から軽い感触です!!

次世代素材採用です!!




・・・みたいな殺し文句がたくさん並べてあって、
「こりゃぁ、使ってみたいなぁ〜!」と
思わずムズムズしてしまったりしますが、
よくよく考えてみると、この
「酸素たっぷり」とか「うるおい」とか
「軽い」とかっていうセリフは
ほとんどのレンズのパンフレットに
書いてあるじゃないのよっ!!
ちっ(怒った顔)どんっ(衝撃)





まあ、まあ、まあ・・・
それもごもっとも、フムム。






それに「次世代」・・・っていつのこと?
「次世代レンズ」とか語られるようになってから、
もう何年も経過してるんじゃないのかしら??
ま、それはそれとして。


















【スポンサーリンク】




















でも「新製品」って、
たしかに魅力のあるコトバですよね。
いま現在、
使用しているレンズの調子がイマイチならば、
新製品を使ってみる、
というのもいいかもしれませんが、




特に調子が悪いこともないのに

新しいレンズに乗り換える、

っていうのは

ちょっと勇気がいるかもしれません。






「今よりも調子が悪くなったらどうしよう??」





やってみたい気持ちはあるけれども、
そういう不安も気になってしまう、
というユーザーは少なくありません。





じゃぁ、どうすればいいのか??





コンタクトレンズの検査をしてもらう時に、
そんな不安な心情を
そのまんま素直に相談してみましょう。






その方の今までの履歴やデータ、
生活環境や目のコンディションとかを加味して
最適なレンズを薦めてもらえる、
・・・はずです、たぶん。



特にシリコーンハイドロゲル素材のレンズが
一般化してきてからは、
それまであった、
今となっては
酸素透過性が低くなってしまった
部類のレンズのユーザーは
シリコンレンズに行こうかどうか、
逡巡していることが多いようなのです。




古いモデルのレンズが悪い、
ということはありません。



でもレンズの種類が増えてくるということは、
よりいいものに出会えるチャンスも増えてきた、
ということですから
とても歓迎すべきことなのです、
フムム。











【スポンサーリンク】







posted by フムフム君 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズのスペック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする