2011年11月30日

ドライアイで通院している人から聞いた「もっとも乾きにくいワンデー」とは




クーパービジョン・ワンデーアクエアPRO-C.jpg








先日、ドライアイでもう8年間も

眼科に通院しているという女性のお話を

聞く機会がありました。






その方は現在30代後半なのですが、
お仕事は長年PC作業ばかり。




ジョンソンエンドジョンソンの
ワンデーアキュビューモイストを
常用していたのですが、
仕事量が増えたり、
仕事での拘束時間が増えるのと並行して
ドライアイが加速していったそうです。






眼科で治療を始めたのですが、

ドライアイって、

おおむね治るということは

かなり難しいのだそうです。







仕事をまったく辞めてしまうとか、
目を使わない仕事をするとか、
コンタクトをやめてしまうとか、
どういう荒療治的な変化をさせれば
多少はいいようなんですが、
生きていくためには、
それはなかなか難しい話ですよね。





結局は、人工涙液タイプの目薬
常に使っているそうです。
涙とまったく同じ成分が入っているものなので、
薬、とは言いにくいかもしれません。




それにプラスしてうるおい系の目薬
人工涙液で潤した目に
ヒアルロン酸系の目薬をさして
潤いを包み込む、みたいな作戦です。




それをもう何年も続けているそうです。
改善、とかではなくて、
乾いてきたら補う、
という対処療法ですね。





その女性は
コンタクトをすること自体が
だんだんとつらくなって、
今ではメガネを中心に使っていて、
コンタクトは「お出かけ用」にしているそうです。
どうしてもそうなっちゃうんですよね。
















【スポンサーリンク】






















その後、
シードのワンデーピュアや、
クーパービジョンの
ワンデーアクエアエボリューション、
ジョンソンエンドジョンソンの
ワンデーアキュビュートゥルーアイなどを
使ってみたらしいのですが、
やっぱりある程度は乾きが出てきて
つらくなってすぐにはずしてしまったそうです。





ドライアイではない人でも
乾燥感があるワケですから、
ドライアイで通院している人が
うるおい系のワンデーにしたからといって
かなり改善されるなんてことはないのは
無理もない話です。







その女性が
もっとも乾きが少ないと感じたのは
クーパービジョンの
ワンデアクエアPRO-C(プロシー)だそうです。






最終的に、
乾きは感じるのだけれども
その程度がもっともやわらか、
だったそうです。






こういう話はよく聞きます。





ちょっとした乾きなら、
その他のうるおい系ワンデーで
何とかなるだろうが、
筋金入りのドライアイには
ワンデアクエアPRO-Cがいいのではないか、
と。




アメリカで発売されている
ワンデアクエアPRO-Cには
「ドライアイ症状が改善できるレンズです」
とパッケージにプリントしてあるそうです。




これはFDA(アメリカの厚生省)が
公式に認可した表現なんだそうです。





ほぉぉ、
スゴイじゃん!





でもこの先・・・

これからもドライアイの人って、
ますます増加しそうな気がします・・・
フムムムム。







◆ クーパービジョン
ワンデアクエアPRO-C公式サイト
http://www.coopervision.jp/product/aquair/1day-pro-c/












【スポンサーリンク】







posted by フムフム君 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 乾き目/ドライアイ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする