2011年06月26日

シードが節電需給対策のため、特注レンズの納期を期間限定で遅延態勢に!





シードイメージキャラクター長澤まさみさん.jpg








節電の習慣もいつの間にか

身についてきたような気がします。






部屋の電気はまず一箇所点けてみて、
それでも明るさが足りなかったら
もうひとつ点灯するとか。



部屋の電気を点けたら、
その部屋でできることは
そのまますべてこなしてしまうとか。



もちろんコンセントも
こまめに抜き差ししてます。
・・・っていうか、
こんなに何回も何回も
抜き差しを繰り返してて、
コンセントそのものが
傷んじゃうじゃないかって
心配しちゃうぐらいです。




このまま頑張って
節電していこうとは思うのですが、
どう節電していくか?
・・・というよりも、むしろ
「夏の暑さとどう向き合っていくのか??」
というフンイキになってきました。







この夏の電力不足回避に向けて、

コンタクトレンズ業界でも

節電需給対策はおこなわれようとしています。






シードは工場の節電によって

「特注レンズの納期が遅れること」

をアナウンスしました。






使い捨てレンズ関係には
「特注」というものはありませんし、
従来型のソフトレンズの製造の上限が決められていて、
もともと「特注」という概念がありませんので、
酸素透過性ハードレンズについての、
という話になります。




スーパーHi-O2、UV-1、S-1、
そして遠近両用のマルチフォーカルO2

その対象となるようです。




特注レンズの場合は発注から納品まで
4〜5日程度は要することが多いようですが、
さらにプラス1日延びてしまうということらしいのです。




特注レンズといえば、
ものすごく度数が強いとか、
遠視であるとか
レンズのサイズが人よりも大きいとか、
逆に小さいとか、カーブがゆるいとか、
そういうレアなデータのことをさします。



こういうデータは
「じゃ、とりあえず他のレンズで・・・」とか
「できるまでは、使い捨てでつないでおいて・・・」
なんてことがしにくいような内容なのです。



代替不可というか、
オンリーワンというか・・・





2011年6月下旬〜9月下旬あたりの

期間限定で予定しているようです。







でも夏、
涼しい日が続いたりすると
工場が普通に稼動して、
納期の延長はなくなったりして??






◆ この情報は掲載されてはいませんが、
シード公式サイトはこちらです
http://www.seed.co.jp/










【スポンサーリンク】









posted by フムフム君 at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | コンタクトレンズメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする