2011年06月20日

バオイフィニティは今まであったシリコンレンズとは違う「次世代シリコンレンズ」!・・・だそうです。




クーパービジョン 2ウィーク バイオフィニティ.jpg










2011年07月01日に新発売が決まった

クーパービジョン初の

シリコーンハイドロゲル素材による

2週間交換ソフトコンタクトレンズ、

バイオフィニティ












クーパービジョンはこのレンズを
「次世代シリコンレンズ」という表現で
PRしているようです。




そもそも従来あった使い捨てレンズに対して、
シリコンレンズそのものが
「次世代コンタクトレンズ」
という位置づけでありました。




それでチバビジョンのO2オプティクスが
国内第一号のシリコンレンズとして発売されて、
それ以降、
ジョンソンエンドジョンソンの
アキュビューオアシスや
ボシュロムのメダリストプレミア、
メニコンの2ウィークプレミオ、
チバビジョンのエアオプティクスなどが
続々と登場したのです。






その間、
クーパービジョンは沈黙したまま。
シリコン製品を発売しないでいたのですが、
今になってようやく登場。


しかも「次世代シリコンレンズ」
というキャッチコピーで。


すなわち
『もう、今まであったシリコンは古いのだ!』
と言わんばかりに。
















【スポンサーリンク】




















一応、それも一理あるのです。




バイオフィニティは確かに

一味違ったシリコンレンズなのです。









従来のシリコーンハイドロゲルの特徴としては・・・





水分をはじきやすい



脂分がつきやすい



素材が硬い




・・・などの
マイナス面を指摘されていました。





確かにジョンソンエンドジョンソンの
アキュビューアドバンスなどは、
「せっかくシリコンに乗り換えたのに、
ケアも今までどおりやっているのに、
汚れが取れにくいじゃん!!」
・・・というクレームは少なくなかったようです。




そしてレンズの硬さ。
特にチバビジョンの
エアオプティクスやO2オプティクス、
ボシュロムのメダリストプレミアとか、
かなり硬いですからねぇ。
酸素透過性が高いのはいいけれども、
硬さが気になって使えない、
というユーザーも多かったのです。








そこで今度のバイオフィニティは・・・




水濡れ性が高い



汚れがかなり付きにくい



やわらかい素材





・・・カタログに美しく記載されていることを
素直に信じるのならば、
そんなふうに改善してあるそうです。






フ〜ム・・・
そんなに理想的なことが
ほんとに実現できたのかなぁ・・・
いいものであるからといって、
それがその人にとって
本当に調子がいいものであるかどうかは
まったくの別問題。





このサイトに集って、
この記事を読んでいただいているみなさんは、
そういうのをもうイヤというほど
味わってきたかたがたが多いと思います。





本当の真価を評価できるのは
半年ぐらい経過してからの口コミを
待つしかございません・・・
フムム。








◆ この情報は掲載されてはいませんが、
クーパービジョン公式サイトはこちら
http://www.coopervision.jp/











【スポンサーリンク】










posted by フムフム君 at 07:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 新製品先取り情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする