2011年06月07日

ソフトレンズ、同じもので何年使ってるのよ??





古いコンタクト.bmp







使い捨てではない

従来型の
ソフトコンタクトレンズ。







一般的にはその寿命は

1年〜1年半程度であることが

多いようです。








ただし・・・




もともとアレルギーがある


もともとアトピーがある


もともと花粉症がある


装用時間が長い


ケアを手抜きをしている


特にタンパク除去剤をあまりやっていない


つけたまま眠ったりしている


ホコリっぽい環境で仕事をしている


サッカーや野球など、
目に砂が入りやすいスポーツをしている


自転車やバイク等、
風に当たりやすいものに乗っている


ドライアイである


結膜炎にかかりやすい



・・・などなどの条件を持っているユーザーは、
その寿命は短くなってしまいます。








特に花粉症の真っ只中の時期に
ソフトレンズを新調したりすると、
「もっとも汚れやすい時期に新品を使う」
ことになるので、
そのレンズは短命に終わってしまう可能性が
高くなりそうです。





レンズが古くなってくると・・・



なんとなくゴロゴロする


くもって見える


乾きやすくなってくる


見えそうで見えない


見えなそうで見える


はずすと妙に開放感がある



・・・などの症状が出てきます。






が、2週間交換レンズのように、
「この時期を過ぎたら使ってはいけません」
という明確な期限がないために、

どこまで使うのかというのは
ユーザーの判断に委ねられる、
ということになります。




このへんで眼障害を起こしてしまうユーザーが
多いようなのです。






もう少し使えるかな、

今は金欠だから出費するのは苦しいし、
もうちょっと使っちゃえ

新調したいんだけれども、
買いに行く時間が取れないから、
お盆休みまでねばれるかな・・・






こういう

<具合が悪いのに我慢すること>って、

けっこう目には
危険であることが多いのです。



一年を過ぎたらとりあえずは
まだ使えるかどうかの検査を受けてみる、
というのは非常に重要なのかもしれません。





それでダメそうだったら交換する、
いけるならもうちょっといってみる、
という「評価」は必要なのです、
フムム。







◆ メニコン
ソフトS公式サイト
http://www.menicon.co.jp/products/lense/soft_s/index.html/



◆ シード
SKY公式サイト
http://www.seed.co.jp/products/contact/soft/seedsky.html



◆ アイミー
スーパーソフト公式サイト
http://www.aime.jp/soft_cl/myopia/super_soft.html



◆ ロート
IQ公式サイト
http://www.rohto.co.jp/iq/prod/iq.htm



◆ ニチコン
ソフトα公式サイト
http://www.nipponcl.co.jp/item/it02_01.html









【スポンサーリンク】










posted by フムフム君 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトコンタクトレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする