2010年09月30日

ボシュロムのレニューって、名称が変わりましたけど、間違えて使ってないですよね?






ボシュロム レニューセンシティブ レニューフレッシュ.jpg








2ウィークなどの
使い捨てレンズを含めて、
ソフトレンズの洗浄、保存、
すすぎ、消毒が一本でできるという
マルチパーパスソリューション(MPS)の
代表格のひとつである
ボシュロムのレニュー。







それまでは・・・


レニュー

タンパク除去成分なし。
2ウィークやマンスリー等、
使い捨て系のレンズに使う。




レニューマルチプラス

タンパク除去成分配合。
使い捨て系はもちろん、
従来型のソフトレンズでも
これ一本で使える。
使い捨てでも、
汚れやすいユーザーにはオススメ。


・・・みたいな分類で使われていました。





その後、どういうワケだか、
ネーミングもパッケージも一新。



レニューセンシティブと
レニューフレッシュ

という名称にリニューアルされたのです。











【スポンサーリンク】















実は中身はまったく同じものなので
変化はしてないんですけど、
「どっちがどっちなのか、よくわからなくなっちゃった」
とユーザーも少なくないようなのです。




レニュー→
レニューセンシティブ


レニューマルチプラス→
レニューフレッシュ



・・というのが正解です。





使い捨て系のユーザーは
どちらを選んでも問題なし。



従来型のソフトレンズのユーザーは
レニューフレッシュの方でないと、
タンパク除去ができないので、
必ずこちらを使っていただきたいのです。






特にレニューフレッシュの
あのヌルヌル感がこすり洗いしやすく、
目に入れた時の感触もしっとりしてて気持ちいい、
というファンは多いみたいですね、
フムム。




【スポンサーリンク】







posted by フムフム君 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズケア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする