2010年06月26日

コンタクトレンズをはずす時にくっついてて、「はずす」というよりも「剥がす」という感覚





疲れ目.jpg






コンタクトレンズをはずそうと思って
親指と人さし指でつまもうとすると、
ツルっと空振り。


もう一回つまんでも
すべってつまみ切れない・・・。
今度は指先をよく拭いて
すべりにくくしてつまんだら
やっと取れた!




妙に目が乾燥してしまった時や、
深夜おそくまでレンズを入れていた時には、
こういう
<なかなかレンズがはずれない>
という現象が
起こりやすくなるようです。




本来はコンタクトレンズは
目に直接くっついているわけではなくて、
眼の表面を濡らしている
涙の層の上に
浮かんでいるようなものなんです。



涙が乾き気味になってくると、
正にレンズがダイレクトに
黒目にくっついてしまうために、
レンズがなかなかはずれない
という事になってしまうのです。




くっつきぎみのレンズを
思いっきり外してしまってりすると、
レンズと一緒に眼の表面の膜
(=角膜のいちばん上の層)が
剥がれてしまう事があります。





かんたんに言うとこういう状態を
<眼障害>とか
<炎症>とか
<角膜炎>とか
<眼にキズがついた>
表現するのです。
















【スポンサーリンク】



















日頃、ある程度乾きを感じていたり、
レンズがくっつきぎみだな、
と感じているユーザーは、
レンズを外す前に
コンタクトをしたままできる目薬をさして、
十二分にうるおしてから外した方が
スムースに、
そして安全にはずせるようです。





特にベーシックタイプの
ワンデーアキュビューとかの薄型レンズ、
つけたまま眠れる
1週間連続装用のレンズ、

ワンデーアキュビューディファインや、
フレッシュルックデイリーズ等のカラー系、
サークルレンズ系
のものを
使っている場合は
比較的くっつきやすいので
要注意です。




コンタクトレンズと
涙による潤いが共存して初めて、
ヘルシーな使い方ができるのです。
フムム。




【スポンサーリンク】













posted by フムフム君 at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 乾き目/ドライアイ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする