2010年05月30日

日本版ワンデーアクエアPRO-Cには記載されていないパッケージの殺し文句とは






クーパービジョン ワンデーアクエア プロシー PRP-C.jpg






たいがいの使い捨てレンズは
輸入モノ。



海外で販売されているものを
日本に持ってきて、
日本なりのパッケージに
変更しているのです。



その作業が
海外でおこなわれている場合もありますが、
ユーザーのお手元に届く時には
<日本人向け仕様>になっているワケです。




クーパービジョン
一日使い捨てソフトコンタクトレンズ、
ワンデーアクエアPRO-C(プロシー)
バイオミメティック・テクノロジー(生体模倣)によって、
角膜細胞と同じ構造で
コンタクトレンズを作ってしまったという
画期的なレンズ。





実際使ってみると、
レンズがすんなりとフィットしてくれるようで
軽さを感じます。


それに
乾燥感も随分と軽減されたように感じる、
というユーザーは多いようです。





クーパービジョンの本国・アメリカでは
ワンデーアクエアPRO-C、
という名称ではなくて、
“プロクリアワンデー”という名称で
販売されているようです。

もちろんパッケージもそれなりで。




ところがこの
アメリカ版ワンデーアクエアPRO-Cのパッケージには
こんなキャッチコピーが記されているのです。





Omafilcon A lenses may provide improved comfort for
contact lens wearers who experience mild discomfort or
symptoms related to dryness during lens wear





???・・・
と思っちゃうと思いますが、
ま、簡単に言うとこういうことです・・・





『コンタクトレンズ装用時のドライアイ症状を
改善する効果があるレンズなんですよ、これは!』



















【スポンサーリンク】






















へぇ〜、
ドライアイの改善効果があるレンズなんだ、
すごいな〜・・・
という印象がありますが、
日本ではこういう表現を
パッケージに記載するのはもちろんNG! 



メーカーとしてもアメリカ並みに
そういうデザインのパッケージに
したいところでしょうが、
そこは我慢・・・。



パンフレットとかには時々
こんなふうに記載されている場合がありました。




『アメリカでは、この新素材OmafilconAのレンズは、
FDA(米国食品医薬品局)から、
コンタクトレンズ装用時に見られる
ドライアイ症状に対して
改善効果を公式に謳うことが認められた
唯一のレンズです』





でもこれが記載されていたのも、
発売初期の頃のパンフレットだけで、
今はもうパンフへの掲載も
NGになってしまったようです。




ま、でもアメリカの厚生労働省にあたる
FDAが認めた、
というのは事実ですから、
それなりのレベルを持ったレンズであることは
確かです。




クーパービジョンは
宣伝をいっさいしないメーカーなので、
今まであったワンデーアクエアや
ワンデーアクエア エボリューションの評判のよさも
口コミで広がったようなもの。



そしていつの間にか、
日本でのワンデーのシェアが
ジョンソンエンドジョンソンの
アキュビュー・シリーズに次いで
第二位へ躍進!





ああ、口コミの威力は
偉大なのモノなのですね、
フムム。




◆ クーパービジョン ワンデーアクエアPRO-C公式サイト
http://www.coopervision.jp/product/aqu_1day_proc.html





【スポンサーリンク】






posted by フムフム君 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 乾き目/ドライアイ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする