2009年09月30日

超マイナーだけど素晴らしいハードレンズ、レインボーのハイサンソα






レインボーコンタクト.gif







レインボーコンタクトレンズ
というメーカーを
ご存じないかたは
多いと思います。




知っているとか、
聞いたことがある、
というのは
たぶん40歳代以降の
ユーザーが多いかもしれません。




昭和30年代からある
歴史の長いメーカーなのですが、
かなりマイナーなままというか、
正直、
知名度が低いのですよね。






でもほんとにいいレンズを
多く製造しているんです!
 




前はソフトレンズも
扱っていたのですが、
この数年でソフト=使い捨て、
という流れになってからは
ソフトの製造を中止して、
現在では
ハードレンズ専門メーカーとして
やっているのです。


















【スポンサーリンク】
























特に
遠近両用ハードの
コンフォクレール
というレンズは、
現在ある遠近両用ハードの中では
もっとも適合性が高くて
評判がいいレンズ。




なかなか合わせることが
難しいと言われている遠近両用の中では
信頼度が高い
素晴らしいレンズなのです。




そして
高酸素透過性ハードの
ハイサンソα(アルファ)。

こちらも装用感が軽く、
汚れもつきにくくて、
破損等もすこぶる少ない
いいレンズです。

















【スポンサーリンク】























これからは往年の
コンタクトレンズ・ユーザーも年齢を重ねて、
否が応でも
遠近両用を使うようになってきます。




それに不景気による
使い捨て離れや、
ドライアイ人口の増加による
ソフトレンズ離れ等で、
ハードレンズの使用率も
少しずつ高くなりつつあるようです。




レインボーコンタクトの時代が
ついにやって来る!!



・・・といいな・・・???





・・・なんて、
何の利害もないくせに
一所懸命PRしてるんですけど、
レインボーのホームページは
古めかしくて
Windows98みたいなイメージだし、
更新はまったくしないし、
やる気あるのかなぁ・・・。


悲しいなぁ・・・。



フムムム・・・・。



 
posted by フムフム君 at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ハードコンタクトレンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする