2008年07月30日

老眼だけではなくて、眼そのものの老化もあるのです





まつげ.bmp








40代半ばになってくると
<視力の不安定さ>というものを
感じるようになります。



それは近いものや
細かいものが見にくくなる
いわゆる
<老眼>というものも
そのひとつなのですが、
視力以外にも
<眼の老化現象>というものがあるのです!





人間の体の中で
老化現象が最も早く始まるのが、
悲しいかな、眼!!
・・・なのです。


















【スポンサーリンク】


















 






老眼・・・
水晶体の老化


視界のぼやけ、かすみ・・・
黄班部の老化


黒いものが
飛んでいるのが見える・・・
硝子体の老化





いちばん多い症状が
以上のようなものなのですが、
実感する症状としては・・・




暗いと見にくい、
疲れてくると見にくい、
寝不足してると見にくい、
雨の日は見にくい、
ピントが合いにくい、
距離があるとかすんで見にくいので
近づいて見るとさらに見にくい、
視界の端の方に何かが動いて見える
(霊体験??)




なんだか、
どうにもならないイヤな症状が
多いですよね。


でもこれが残念ながら
現実なのです。




老眼は比較的、
誰にでもやってくる現象ではありますが、
遠近両用レンズなどで
バッチリ矯正できたとしても、
視力以外の眼の衰えで、
100%完璧な視力が望めなくなる、
というのもよくある話なのです。

・・・フムム。





【スポンサーリンク】







 



posted by フムフム君 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする