2008年01月17日

買いに行っても、必ず取り寄せになってしまうデータのコンタクト




コンタクトレンズはモノを見る道具なワケですから、
たとえ一日でもないと絶対に困るのだ!
という人が多いはずです。



コンタクトレンズのデータ、
度数やサイズやカーブや角度など
いろいろな項目があるのですが、
大半の人はありきたりのデータ、
であることがほとんどです。



コンタクト・ショップに買いに行っても、
店頭在庫が在庫切れを起こしていない限りは、
その場でお持ち帰りが可能なワケです。




ところが・・・
どうしても絶対に店頭在庫がなく、
メーカー取り寄せとか、
特別注文ということになって、
数日間待たされるハメになるデータの人もいるのです。





それはどんなデータの人なのでしょうか??





度数がものすごく強い、

逆に度数がものすごく弱い、

乱視矯正用のコンタクトである、

遠視である、

眼の形が標準よりも平べったい、

目の形が標準よりも湾曲が強い、

眼の直径が標準より大きい、

眼の直径が標準より小さい、

遠近両用である、

超マイナーなコンタクトを使っている・・・





たいがいはこの中の
どれかに当たるはずです。





自分の眼のデータが標準的なのか、
あるいはちょっと違った部分があるのかどうか、
こういう知識は
知っといた方がいいのかもしれません。



具体的なデータの数字を
記憶する必要はないとは思うのですが、
自分のデータは標準的なのか、
そうでないか
ぐらいは・・・
フムフム。










【スポンサーリンク】









posted by フムフム君 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズのスペック情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする