2019年08月22日

うるおい成分配合ワンデー、それぞれの評価







北川景子 シード ワンデーピュア.jpg










夏はエアコンで乾燥するし、
冬は季節的に乾燥してるし、
画面を見てれば乾いてくるし、
睡眠不足だと
目がショボショボするし、
いずれにしてもある程度
つきまとっているのが乾き!!





何らかの理由で乾いちゃう!




時間が来れば、
いずれは乾いちゃう!





・・・・と、
コンタクトレンズのテーマが
「乾きを何とかすること」
であるユーザーは多いのです。












【スポンサーリンク】














・・・・と、、なると
みなさんが走りやすいのは目薬!





コンタクトレンズの
上からさせる目薬を使おう!



目薬を頻繁に使って
うるおってる時間を維持しよう!



とろ〜り、
高級な目薬を使って
効果を上げよう!



・・・・などなど。








しかし、目薬を使うことによって
乾きがなくなった、とか、
乾きの大半が解消した、
という話はあまり聞かず、
さしたその時はいいけれども
しばらくするとまた乾いてきて
再度、目薬を使うことになる。
その繰り返し!

…というユーザーは
実に多いようです。






ならば、と、今度は
うるおい成分が配合された
コンタクトレンズがいいのではないか、
と考え始めます。



しかし、
よくよく使ってみると
うるおい成分が入っているとはいえ
その評価はさまざま。




そこで、
1日使い捨てレンズで
うるおい成分が配合されているレンズが
どう評価されているのかを
考えてみることにします。









【スポンサーリンク】

















ジョンソンエンドジョンソン
ワンデーアキュビューモイスト

ノーマルタイプよりは
目のタッチも軽く、
乾きも軽減できる。
しかし、
長年使っていると慣れてしまって、
また乾きを感じ始めることも。




クーパービジョン
ワンデーアクエア
エボリューション


ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ
保湿成分使用で
ノーマルタイプよりも
乾きは改善できそう。




日本アルコン
デイリーズアクア
コンフォートプラス


もともと乾きやすい素材だったので
うるおい成分を入れても
違いを感じない、
フツーに乾く、との声も。




ボシュロム
メダリストワンデープラス

うるおい成分配合ということを
メーカーがあまり
前面に出していないことも手伝ってか、
うるおい成分が入っているとは知らないまま
使っているユーザーも少なくない。
乾き方はフツー。




シード
ワンデーピュアうるおいプラス

ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ
保湿成分使用で
ノーマルタイプよりは
乾きを改善できた、という声が多い。










【スポンサーリンク】














高酸素透過性のワンデー、
たとえば
ジョンソンエンドジョンソンの
ワンデーアキュビューオアシスとか
日本アルコンの
デイリーズトータルワンのような
シリコーンハイドロゲル素材にを使えば
乾燥については
大きき改善できることは
間違いありません。



しかしそうすると、
維持費がかなりかさんでしまいます。




比較的ローコストのままで
乾きを何とかしたい場合には
なんちゃってうるおい成分ではない
ワンデーを使ってみるのがいいのかも。


 


 
【ドライアイ・乾き関連情報の最新記事】
posted by フムフム君 at 00:00| ドライアイ・乾き関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする