2017年06月25日

コンタクトレンズユーザーの8割が使っているレンズケアとは?



オプティフリープラス.jpg











レンズケアをしなければならないのは
1枚で複数日数が使えるレンズ。



2ウィークやマンスリー、
従来型のソフトレンズ、
そして酸素透過性ハードレンズ。



その中でもよく使われているのは
2週間交換レンズですかねぇ。



ドラグストアに行くと
各メーカーのいろんなケアが
ズラリと並んでいて、
どのにすればいいのか、
どれがいいケアなのか、
自分にはどれが向いているのか、
とっても迷ってしまいます。




もちろんコストの問題も
大きいのです。
あまりにも安くて、
聞いたコトないようなケアだと
逆に不安になっちゃいますし。





それに、
2ウィークのレンズケアには
2種類の流派があります。







それは・・・・




@ こすり洗いタイプ



A こすり洗い不要のつけ置きタイプ








@はレニューとか、
オプティフリーとか
コンプリートとか
ああいうワンボトルタイプですね。




Aはコンセプトとか
エーオーセプトとか
ケムセプトとか、
中和剤を混ぜたりするタイプ。










【スポンサーリンク】













でも意外にもですね、
レンズケアを必要とするレンズのケアで
@のこすり洗いタイプを選択して
使っているユーザーは
全体の8割もいるんだとか!





これは
圧倒的なシェアなんですね!




レンズを外したら
液体を手のひらに取って、
10〜20回ぐらい
こすり洗いをする、


さらには反転させて
裏面も10〜20回ぐらい
こすり洗いをする、


レンズを液体ですすいでから、
液体をケースに収納。





こんなにも面倒な作業を
選ぶ人が多いなんて、
とっても意外です。





つけ置きタイプなんて、


レンズを外したら
いきなりケースに収納。


消毒液を入れて、
もしくは中和剤も入れて、
あとは放置しておくだけ


・・・・っていう方が
全然楽だと思うんですけど!











【スポンサーリンク】














@のつけ置きタイプは
フタを開けたボトルの先、
液体の出口部分が
細菌で汚染されている確率が
全体の30%もあるんですって。






確かに、
フタを閉め忘れたりすると
いつも先っぽが上を向いて
空気にさらされていますからねぇ。




さらには
レンズケース内に
細菌がいる確率は
全体の59.7%もあるんだとか!




これもなかなか
スゴイ数字です!



みなさん、
ケースをお掃除したり、
新品に交換したりすることを
忘れちゃうんだよなぁ・・・・



 
posted by フムフム君 at 12:00 | TrackBack(0) | レンズケア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする