2016年08月28日

台湾の「宮原眼科」はとんでもない眼科だった!




台湾の台中市にある
「宮原眼科」






これ、
たいがいのガイド本に
載っているんです。



ガイド本に眼科なんて・・・・
と思ってしまうかもしれません。





それに台湾で
「眼科」というのは
他の意味があるわけではなく、
日本とおんなじように
目のお医者さん、
という意味合いなのです。




外観はこんな感じ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


台湾宮原眼科.jpg








フ〜ム・・・・
古めかしくも
この落ち着いた佇まいは
いかにも伝統ある医療施設!
というフンイキがプンプンです。






屋根の部分を
見てみますと・・・・




台湾 宮原眼科 スイーツ.jpg





確かに
「宮原眼科」
文字があります。




















【スポンサーリンク】
























さて、
この「宮原眼科」は
いったいどんな施設なのでしょう?





紹介する動画を見つけましたので
さっそくご覧いただきましょう!















そうなんです、
「宮原眼科」は有名スイーツ店!




ケーキやアイスなど
その味はハンパないおいしさと
高く評価されています。




















【スポンサーリンク】























1927年に日本人の
宮原武熊医師が台中駅前に
「宮原眼科」を開院したそうです。



しかし終戦となって、
宮原医師は日本へ帰国。
医院は国民党政府の管理下におかれて、
「台中市衛生院」として再利用されました。



その後、
衛生院も閉鎖されてから数十年、
建物だけが放置されていたのです。



そこにパイナップルケーキで名を馳せる
日出グループが台中を
スイーツの発信地とするべく再開発。
このキッチュな建造物を
そのまんま利用した、
といういきさつらしいのです。




名称とスイーツというギャップ、
内装のゴージャスさと
外観のギャップが
ウケているんだとか。




ここに行っても
目の病気は治してはくれません。
胃袋は満たしてくれそうです。


 

 
posted by フムフム君 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 眼の病気情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする